au PAY改悪? au WALLETポイントからPontaポイントに変わる問題を検証

スポンサーリンク

2020年5月下旬以降、auが付与していたWALLETポイントがPontaポイントに置き換わります。【追記:5月21日から切り替え】
これは名称が変更になったとか統合されたというわけではなく、WALLETポイントでの付与をやめてPontaポイントでの付与に切り替えるということです。
よって、条件により、手持ちのau WALLET ポイントは今まで通りに使える状態でそのまま残ります。

また、切り替え後はauサービスでの付与が現行のPontaポイントにそのまま置き換わるわけではなく、今までのau WALLET ポイントと同等の使い方が出来るよう、PontaポイントにWALLETポイントの性質が追加される形となります。

この記事は公式発表の内容を基に作成していますが、細かいところまでは発表されていないために推測の域を出ていない情報が一部含まれます。
加えて、auは大きな変更を唐突に行なうことがあるので、常に最新の情報を追い求めるくらいの気概が必要です。
実際に今回の公式情報もこっそりと修正されています。

この記事で考察・推測した主なことは次の通りです。

  • 従来のWALLETポイントとPontaポイントは別残高
  • PontaポイントにWALLETポイントの使い道が内包される(?)
  • ID連携すると手持ちのWALLETポイントがPontaポイントに変換される(?)

予備知識

従来のauサービスとWALLETポイントのことを知っているだけでは変更後のことを理解することは出来ません。
最低限、知っておくべきことを説明しておきます。

名称変更

今回のポイント制度の変更と同時に、いくつかのサービスが名称だけ変更になります。

  • au WALLET アプリ → au PAY アプリ(変更済み)
  • au Wowma! → au PAY マーケット
  • au WALLET 残高 → au PAY 残高
  • au WALLET ポイント(au Wowma!限定) → Pontaポイント(au PAYマーケット限定)
  • 通信料金と合算 → auかんたん決済(通信料合算)
  • au Wowma! ふるさと納税 → au PAY ふるさと納税
  • au WALLET クレジットカード → au PAY カード
  • au WALLET ゴールドカード → au PAY ゴールドカード
  • au WALLET プリペイドカード → au PAY プリペイドカード
  • au WALLET スマートローン → au PAY スマートローン

これら以外である通常のau WALLET ポイントは名称変更もなくそのまま残り、付与が(WALLETポイントと同様の使い道が追加された)Pontaポイントに置き換わります。

現行のPontaポイントについて

Pontaポイントは2010年に始まった歴史あるポイントプログラムです。

主な貯め方と使い方

Ponta提携社での支払いなどの際にPontaカードを提示するとポイントが貯まります。
また、Ponta PLAYでのゲーム利用や商品購入、各種申込時にも貯まります。

商品購入代金への充当、Ponta特典やローソンのお試し引換券への交換、ネットショッピングでの支払いなどに使えます。

有効期限

Ponta会員の場合、最後に付与または利用した日の1年後の同日までです。
例:2020年5月5日 → 2021年5月5日

Ponta会員ではない場合、最後に付与された日の12ヵ月後の月末までです。
例:2020年5月5日 → 2021年5月31日

Pontaポイントはau WALLET ポイントの後任

現在手持ちのau WALLET ポイント残高およびau WALLET ポイント(au Wowma!限定)残高はそのまま残りますが、「名称変更」の項で記述したとおり、「au WALLET ポイント(au Wowma!限定)」の名称のみ「Pontaポイント(au PAYマーケット限定)」に変更されます。
使い方は変わりませんので、手持ちのポイントは今までと同じように消化してください(後述のID連携後を除く)。

5月下旬以降の付与はWALLETポイントからPontaポイントになりますので、おそらくキャッシュレス・消費者還元事業の分も同様になると思われます。

また、当たり前ですがPontaカードを持っていればPonta提携社での支払い時に提示することで別途Pontaポイントが還元されます。

auサービスとの親和が進んだPontaポイント

新しいPontaポイントはWALLETポイントの性質が取り込まれていると書きましたが、ここで名称以外のWALLETポイントとの具体的な違いを公式ページのスクリーンショットで探ってみます。【追記:5月21日のページ一新で消滅】

au WALLET ポイントとPontaポイント違い

「※」マークが何を意味するかは不明です。
また、「au PAY加盟店」とは「au PAY利用時」という意味だと思われます。

有効期限が固定から変動に

ポイント付与月の48カ月後の月末(月単位)
 ↓
加算月の12カ月後の月末(月単位)(後述のID連携前)
加算・利用の12カ月後(日単位)(後述のID連携後)

これまでは4年後に期限切れになる方式でしたが、これからは最後に付与があった時点の1年後になります(ID連携後はポイント利用でも延長)。
これにより、1年以内に1ポイントでも付与されれば期限が延びていきます。
ただし、次のauの長期優待ポイントやauでんきなどで付与されるポイントでは延長されないので注意してください。

  • マンスリーポイント(au、auひかり)
  • au STAR長期優待、長期優待ポイント
  • auでんき
  • 東電ガス for au/中電ガス for au/関電ガス for au
  • プラスポイント(無事故還元)

au PAYでの利用

WALLETポイントはau PAY残高にチャージすることでau PAYで利用できましたが、Pontaポイントがチャージ出来るかは明記されていません。【追記:チャージ可の発表あり】
代わりに上の表ではau PAY加盟店で使えると記載されています。

これではau PAY加盟店で直接Pontaポイントが使えると捉えられますが、現実的にそれは考えにくい話です。
見たところ現行のau WALLET ポイントの「たまる」「つかえる」の欄にも「au PAY加盟店」と記載されていますので、これは「au PAY決済時」という意味だと推測され、Pontaポイントでも今まで通りチャージして使えるようになると思われます。

または、チャージをしなくても楽天ペイのようにポイントを優先的に使う機能が追加される可能性も考えられなくはないでしょう。
万が一、Pontaポイントによるチャージが出来なかったとしても、手持ちのWALLETポイントがチャージ出来なくなることはないはずです。

Pontaポイントが貯まる・使えるPonta提携社

Ponta提携社でのポイントを貯めたり使ったりは従来のPontaカードと同様にPontaカードのバーコードを提示することで行なうことが出来ます。

Pontaポイントが貯まる・使える店の一例

PontaポイントはJALマイルに変換していた人以外にはウケが悪く、支払い時に他のポイントカードを提示していた人も多いかと思います。
今回、auサービスの標準ポイントとなることでauユーザーは否が応でも貯まってしまいますので還元される店を憶えておいても損はないでしょう。

一方、ポイントを使うことに関してはau PAYで使った方が手っ取り早いかもしれません。
とくに6月いっぱいまではキャッシュレス・消費者還元事業による還元が受けられます。

名前だけのPontaポイント(au PAY マーケット限定)

ほぼau Wowma!とau WALLET Market限定でやりとりされていた「au WALLET ポイント(au Wowma!限定)」は「Pontaポイント(au PAYマーケット限定)」に名称変更されます。
名前にPontaポイントとついていますが、ほとんどau PAYマーケットポイントといった感じですので、Ponta提携社でもau PAYでも利用できません。

au WALLET ポイント(au Wowma!限定)とPontaポイント(au PAYマーケット限定)の違い

公式ページ(スクリーンショット)によると、名称以外に変更点はないようです。【追記:5月21日のページ一新により消滅】
変更後の「たまる」「つかえる」にau WALLET Marketがありますが、これは逆に変更前の方が抜けているだけだと思われます。

au IDとPonta会員IDの連携

auのポイントとPontaのポイントは全く別のサービスでしたので、それぞれに会員IDが存在します。
この2つのIDを連携させることにより、auで獲得したPontaポイントとPontaカードで獲得したPontaポイントの残高をまとめることが出来ます。

手持ちのWALLETポイントはPontaポイントに強制変換

IDを連携すると今までためたau WALLET ポイントはPontaポイントとしてPonta提携社で利用できると記載されています。
よって、手持ちのWALLETポイントは強制的にPontaポイントに変換されるものと思われます。

ID連携を推進するために割り増しで変換するキャンペーンが行なわれるかは未知数です。【追記:5月21日の時点ではありません】

残高をまとめても還元は別

ここで注意しなければならないのは、連携してもPonta提携社での利用時にPontaカード(のバーコード)を提示しなければならないことには変わりなく、au PAYで決済したとしてもカードを提示しなかった場合はPonta提携社利用に対するポイントは付与されないことです(au PAY利用に対する分は付与)。
ただし、au PAYアプリのアップデートにより、Pontaカードのバーコードが表示できるようにはなるようです。
この辺りも含めてd払いとdポイントカードの関係に似ていて、あくまでもポイントカードと決済は別ということになります。
ローソンではPontaカードもdポイントカードも使えますので、dポイントカードを提示したのちにau PAYで支払うことも可能ですし、逆にPontaカードを提示してのd払いも可能です。

ビックカメラ実店舗での注意点
街のビックカメラではビックポイントの代わりにPontaポイントでの付与も選べますが、還元率が半分になってしまうので注意してください。
現金支払いで10%還元だった場合は5%で、キャッシュレスで8%の場合は4%です。
一部のApple製品など1%の商品は0.5%なので、ビックポイントの使い道が全く思い浮かばないようならPontaポイントでも良いでしょう。

連携でも有効期限が変わる

連携前はポイント加算月の12カ月後の月末までです(月単位)。
例:2020年5月5日 → 2021年5月31日

連携後はポイント加算・利用日の12カ月後までです(日単位)。
例:2020年5月5日 → 2021年5月5日

公式の表を見る限り、連携前はポイント利用では期限が延びないことになっています。

まとめ

au WALLET ポイントがPontaポイントになると発表された当初は改悪と感じる人も多かったようですが、実際にはWALLETポイントとしての利用法が残されているようですのであまり意識する必要はないように思います。
もっとも大きく変わるのは有効期限ですので、1年間まったく使わないことがないように気をつけましょう。

  • 2020年5月下旬からauから付与されるポイントがPontaポイントになる
  • キャッシュレス・消費者還元事業の分もPontaポイントになる(?)
  • 従来のWALLETポイントとPontaポイントは別残高
  • PontaポイントにWALLETポイントの使い道が内包される
  • au PAYを含む、auのサービスを利用するとポイント還元される
  • Ponta提携社でPontaカードを提示するとポイント還元される
  • au IDとPonta会員IDを連携させるとPontaポイントの残高がまとまる
  • ID連携すると手持ちのWALLETポイントがPontaポイントに変換される
  • ID連携してもしなくてもPonta提携社ではPontaカードのバーコードを提示すべき(au PAYアプリから表示可)
  • 有効期限である1年以内にPontaポイントが付与されるとそこから約1年延びる
  • ID連携してあればPontaポイントの利用でもそこから1年延びる
  • ID連携の詳細は追って発表(5月21日の発表

総じて、明記されていないau PAYへのチャージさえ可能であれば改悪ではないという印象です。【追記:チャージ可の発表あり】
ただし、公式発表の情報が乏しいために推測の部分があります。
また、知らぬ間に公式が表などを修正してくることもありますので、何かありましたらこちらも修正いたします。


au PAY マーケット

お得なポイント交換所
7/1 9:59まで、Pontaポイントを「au PAY マーケット」と「au WALLET Market」限定、期限30日の「Pontaポイント(au PAY マーケット 限定)」に交換すると50%増量されます。
上限は1,000ポイント×2回までです。

還元祭☆ポイント最大25%還元
6/9 9:59まで、エントリー(前後可)して千円以上の買い物をすると、5店舗まで店舗数に応じてポイントアップします。+1%、+2%、+4%、+6%、+10%
還元上限は5,000ポイントです。

7/2 9:59まで、au PAY マーケットリリース記念 総額100万Pontaポイントもらえるキャンペーン!も開催中です。

街のスマホ決済全般については

コメント