2020年4月より1.5%還元はヘビーユーザーのみに! PayPay STEPを検証

スポンサーリンク

2020年4月よりPayPayの還元率の算出方法が大きく変わります。大雑把に書くと「月に(100円以上を)50回以上使う」と「月に10万円以上使う」を達成すると、それぞれ0.5%が翌月の基本還元率0.5%に加算されます。
何も考えずにこれらの条件をクリアしていってもいいのですが、頑張って両方クリアしても合計1.5%還元です。はたしてここまでしてPayPayを使う必要はあるのでしょうか。利用イメージを検証しつつ、細かな条件を探ってみました。

実はPayPayに有利だったヤフーカードが逆転負けのような状態になる場合があります。

今までの還元率をおさらい

PayPayといえば大還元キャンペーンの先駆け的存在であり、2019年の9月までは他社のクレジットカード支払いでも0.5%還元してくれる寛容さがありました。
そのころの基本的な還元率は3%でしたが、2019年10月のキャッシュレス還元事業開始とともに1.5%に引き下げられました。
ただ、小さな店舗を多く取り込んで対応店舗数を稼ぐ方針を取っているPayPayは、同時に5%還元店で1.5+3.5%還元するという意気込みも見せていて、QR決済の認知度トップに躍り出た現在でもなんだかんだで続いています。
嬉しいことに4月からも同様に計10%還元のキャンペーンが行われますが、PayPay残高支払いのみが対象となり、一定の確率で全額が戻ってくるクジもなくなるので注意が必要です。

新しい還元率は

今まで還元キャンペーンを連発してきたPayPayですが、いつまでも還元ばかりしていたら赤字は膨らむばかりです。
2019年3月の決算時点での赤字は367億円だったらしく、翌年度も還元キャンペーンを連発していますので、赤字分を取り戻すにはキャンペーンなしでも多くの人に当たり前のように使ってもらう必要があるでしょう。

2020年4月、それに向けての第一歩として全員の基本還元率が3分の1に下がるPayPayステップが開始されます。
一言で言うとLINE Payのように1か月間の利用状況でランク分けをし、翌月の還元率を決める方式に変わりました。

個人ごとの還元率は毎月変動しますので、頑張って条件を満たしても翌月も同じように頑張らなければまたすぐに還元率が落ちてしまいます。

基本的な条件

具体的には、誰でも得られる基本還元率は0.5%です。それを増やせる条件が2つあり、「同じ月の中で100円以上の決済を50回以上行なう」と「同じ月の利用金額計が10万円以上になる」のそれぞれの達成で+0.5%されます。つまり、どちらか1つの達成で計1%、両方の達成で計1.5%還元になります。

「どちらか1つの達成で計1%」と書きましたが、そのあたりはキャンペーンページでは明記されていません。そのため「たとえ10万円以上使っても50回以上使っていないと+0.5%すらされない」という可能性もまだ考えられます。【追記:公式ページが更新されました(下のスクリーンショットを参照)】

PayPay STEPは0.5%・1%・1.5%還元の3ステップ

その他の条件

基本還元率(基本付与分)は0.5%と書きましたが、Yahoo! JAPANの対象サービスでは基本が1%に優遇されていますので最大2%還元になります。
主な対象サービスは「Yahoo!ショッピング」「ヤフオク!」「LOHACO」「PayPayフリマ」「PayPayモール」で、ヤフーの有料サービスはほとんど対象だと考えて良さそうです。

付与される還元の上限は1回7,500円分で、カウント期間の計は15,000円分です。

カウント期間とは月そのままで、毎月1日の0:00から末日の23:59を意味します。
それに対し特典適用期間というものが存在し、毎月1日の8:00から翌月1日の7:59までの1か月間に当たります。実際に還元率が適用されるのがこの期間です。

還元対象の支払い方法は「PayPay残高」と「ヤフーカード」です。他社のクレジットカードで支払いをした場合は、そのクレジットカード独自の還元のみになります。この辺りは変わりありません。

利用イメージ

最大の還元を受けるには

1回の還元上限が7,500円分ということは単純計算だと1.5%の人は50万円までで、0.5%の人は150万円までですが、もっとも上限が高い残高払いでも24時間以内で50万円が上限なので何%の人でも支払い上限は50万円です。

一方、月の還元上限が15,000円分ということは単純計算で1.5%の人は100万円までで、0.5%の人は300万円までですが、もっとも上限が高い残高払いでも過去30日間で200万円が上限です。
月初に50万円、31日に50万円、その間に150万円払って計250万円という手も使えそうですが、普通に考えて0.5%の人は200万円上限で1万円分還元までです。

常識的な使い方をするとして

最大還元額はPayPay側の保険のようなものであり、一般消費者としてはそこまで使う人はごくごく稀だと思われます。

仮に、月に22日の平日昼に500円、夜に1,000円支払った場合、合わせて44回の33,000円になります。
50回に達するにはあと6回なので意識していれば簡単でしょう。これで+0.5%の条件はクリアです。
問題は10万円に達する方で、それにはあと67,000円の支払いが必要です。休日が8日だとしたら1日平均8,375円利用しなければなりません。公共料金やスーパーでの支払いに使えるので無理ではないですが、そこまでして得られるのは翌月にも使うであろう10万円の0.5%≒500円分のPayPayボーナスです。

つまるところ、あとは還元率の高いキャンペーン次第ということになるでしょうが、他のスマホ決済会社もキャンペーンをするとなれば果たして+0.5%に固執する必要があるのかが悩みどころです。

クレジットカードが息を吹き返す

ここで4月になる前の各支払い方法の還元率をおさらいします。

  • PayPay残高 → 1.5%
  • ヤフーカード → 1.5%
  • 他社のクレジットカード → カード独自

仮にカード会社独自の還元が1%だった場合、他社のカードは一人負けの状態でした。
仕方なく残高に銀行口座などからチャージして利用していましたが、いちいち残高を気にしながらでは毎日の決済としては使い勝手が悪すぎます。その点、ヤフーカードであれば残高不足の心配がない上に還元も多いので実にうらやましい存在でした(少なくとも2月の改悪までは)。

では4月からはどうなるのでしょうか。ほとんどの人が該当するであろう最低ランクで見てみます。

  • PayPay残高 → 0.5%
  • ヤフーカード → 0.5%
  • 他社のクレジットカード → カード独自

なんと、カード会社の還元が1%だった場合はトップに躍り出てしまいました。
これならわざわざ残高にチャージする必要はなく、クレジットカードのコード決済化という形で気軽に利用できます。
仮に1日2回くらい使って月に50回以上使う人でも1%なのでクレジットカードによっては負けることはありません。

今まで「残高管理は面倒だけどヤフーカード以外のクレカは損だから」とPayPayから遠ざかっていた人も、ヤフーカードの利点が勝手に下がってきているので再考の価値はあります。
もちろん他のキャンペーンは他社のカードは対象外ですが、最近ではヤフーカードも対象外のキャンペーンも出てきていますし、そもそもにして大きなキャンペーン自体が減ってくるでしょう。数年前のLINE PayカードやKyashの2%還元で大騒ぎしていたころが普通なのです。

結局のところ

ここ数年の還元祭りが落ち着いてきて、現金代わりというペイ本来の存在意義を考えた場合、クレジットカードやデビットカードのように残高を(頻繁には)意識することなく使えることが大切になるのではないかと思います。

バーコード決済はともかく、QRコード決済はカード決済やおサイフケータイに比べて手間が多いのは事実です。ですが、店舗側の都合でQRコードしか使えない場合もあり、そのようなときのために何かしらの常用手段を決めておく必要が将来的には出てくると思います。
スマホ決済が軒並み低還元になってくれば、必然的に還元率よりも便利さを重視する割合が高くなってくるのは間違いないでしょう。

今回、とうとうPayPayですら基本還元が少なくなったわけですが、現金に比べれば還元が多いわけですし、キャッシュレス還元事業に対応した店であればまだまだお得感があります。
あとは自分の利用履歴を見直して、条件を達成させることが出来るか検討してみることから始めましょう。でも、決して無理は禁物です。

今回のような変更はまだまだ各社で起こるでしょう。そのたびに検討を繰り返して賢く利用するか否かは皆さん次第ですが、こんな記事を最後まで読んでしまうくらいですから勉強熱心なことは間違いないと思います。
そんな人たちが「自分が囲い込まれたい」と思えるペイが見つかるまではもう少し時間がかかりそうです。

主なスマホ決済を使い分けよう
今回の記事の編集後記です

コメント