PS5おすすめゲーミングモニター情報に潜む間違い→疑問&独自解釈【パソコン対応】

スポンサーリンク
PS5 ゲーミングモニターの発売前のおすすめは鵜呑みにしちゃダメ!

PlayStation 5の発売を待ちに待っている人の中には今からでも用意できるテレビやディスプレイモニターを事前に新調しておこうと考えている人もいるかと思います。
しかし、PS5の仕様は未だに発表されていない部分が多いため、テレビはともかく、ゲーミングモニターは「買ってみたら使いたい機能が使えなかった」ということにもなりかねません。
そのため、最適解は「発売したPS5との接続報告を待つ」ということになりますが、PCとの併用などの理由ですぐにでもモニターを買いたいという人もいると思います。
このページではそのような人のために現時点で考えられる避けるべきリスクを質問形式で書き連ねています。
用途によって変わる画面サイズやリフレッシュレートの選び方はもとより、個人サイトや動画での具体的なおすすめ製品名を鵜呑みにすることが危険な理由も書いています。

たとえばこんな危険性が…

「この4KモニターはPS5にオススメ!」→PS5は全てにおいて4Kが最適というわけではありません。画面の大きさやゲームのジャンルによっては「4K 60Hz」よりも「フルHD 120Hz」の方が良い場合もあります。

「応答速度が1msだから敵をいち早く発見できるのでオススメ!」→これは内部遅延の数値ではなく、残像感に影響します。視認性という意味ではフレームレートや黒挿入の方が重要です。

「PCゲームでも大人気なのでオススメ!」→PCモニターの売り文句は主にDisplayPort接続のときの仕様に基づいています。また、PS4のゲームをプレイするときの60Hzでは思わぬ欠点があったりもします。

この記事はPC利用はもとよりPS5利用を中心としているためにテレビも選択肢に入り、他のゲーム機においても参考になると思います。

用途別に具体的な製品を知りたい場合は目次から「重視する条件別の要求」に飛んでください。

※長文なので、出来れば目次に目を通してください。

【追記情報】
ラチェット&クランク:リフトアパート(仮称)のfpsについて
公式サイトに「最大120fps 120Hz出力」と記載されました。
暗い部分が明るく見える機能は有用?に参考リンクを追加しました。
予備知識にFreeSyncとAdaptive-SyncとVRRを記載しました。
重視する条件別の要求に該当製品を追加しています。

はじめに

PS5発売前にもかかわらず「PS5 モニター」で検索するとすでに既製品を紹介しているサイトが多くヒットしますが、一部のサイトは単純に「8K対応」「4K 120Hz対応」「HDR対応」という理論上の情報だけで製品を紹介していたり、「応答速度が1msなのでFPSゲーム向き」や「HDMI 2.1対応4Kモニターが出るまで待った方がいい」とするサイトもあります。
しかし、4K 120Hz以上に対応したモニターであればどれでもPS5で活かせるわけではなく、仮に対応したモニターであっても現実的に利用シーンが訪れるかは未知数です。

2021年から増えてくるであろうPS5対応を謳ったモニターやテレビまで待たないというのであれば、正直言って選択ミスのリスクは避けられません。そのような状況で最低限避けるべきなのは「安易なおすすめ記事を鵜呑みにしてしまうこと」なのです。
もちろん、このページも個人的な推測による部分が含まれているので購入動機に用いるのはリスクが伴うでしょう。ただ、「購入しないで待つ」や「この製品は避けた方がいい」という判断には使えます。
このページの情報を読んだ上で「購入してもいい」と思える製品があれば、それは有力な候補になるでしょう。

兎にも角にも、PS5の詳細が発表される前に既存モニターをおすすめしまくっているサイトの情報は真に受けないでください。

※このページの情報には個人による見解が多く含まれており、実際のPS5の機能やモニターの動作と一致しないことが考えられます。
※計測機器などを用いての検証情報はありません。
※モニターの機能の説明が正確であるという保証は出来ませんが、指摘をいただけたら可能な範囲で調査します。
※文章での説明が難し部分には順次、図を入れていきます。
※一部のリンクに販売ページが含まれていますが、おすすめ製品という意味ではありません。

[更新予定あり]

予備知識

読むにあたって最低限知っておいていただきたい基本情報です。

用語

リフレッシュレート(Hz):垂直周波数。ゲーム機やPCがモニターに対して設定した1秒間あたりの固定コマ数。モニターが1秒間に更新する最大回数。モニターおよび、接続端子や解像度に合わせて範囲内で設定する必要がある。

フレームレート(fps):ゲーム機やPCが1秒間あたりに描く画のコマ数。リフレッシュレートの数値を超えて描いた分はほぼ無駄になる。

FPSゲーム:PUBGのような一人称視点のシューティングゲームで、最もモニターにこだわりたくなる用途。フォートナイトのような三人称視点のシューティングゲーム(TPSゲーム)も同様。

テレビと同じ16:9の画角を持つ主な解像度

フルHD 1080p 1920 × 1080
WQHD 1440p 2560 × 1440
4K 2160p 3840 × 2160

40インチ以上のテレビはフルHDと4Kが大部分を占めていますが、この2つのピクセル(ドット)数の違いは実に4倍で、ゲーム映像を演算する負担も大きく違っています。
負担が違っているとはいえ、現在のほとんどのテレビは1秒間に60コマまでしか受入・表示できないのはどちらの解像度でも同じです。
ゲームプレイにおける4Kのピクセル数はよほど大画面でないと恩恵に与れませんが、それゆえに大画面化が進んでいるテレビ向きであるともいえます。
中間のWQHDはPCゲーミングにおいて程よいサイズになりつつありますが、PS5が対応するかは正式な発表がまだありません。「4Kの映像をWQHDモニターで表示すればいい」という人もいますが、fps(フレームレート)を考えると実にもったいないことになります(後述)。

ゲーム用途としての主なドットピッチ

24 フルHD 0.277mm
24.5 フルHD 0.282mm
27 フルHD 0.311mm
27 WQHD 0.233mm
27 4K 0.155mm
28 4K 0.161mm
31.5 WQHD 0.272mm
32 4K 0.184mm
49 4K 0.282mm
55 4K 0.317mm

PC利用時でとくに設定を変えないという前提だと、今使っているモニターのドットピッチより小さくなればソフトウェアの文字やボタン等が小さくなることになります。

27インチのフルHDから27インチのWQHDに変える検討をしている場合、0.233÷0.311≒0.749なので、Ctrlを押しながらブラウザ上でマウスのホイールを回して75%表示にすると大まかなイメージを掴むことが出来ます。

接続端子のバージョン別の最大解像度

HDMI
1.4 4K-30Hz WQHD-60Hz フルHD-120Hz
2.0 4K-60Hz WQHD-144Hz フルHD-144Hz
2.1 4K-144Hz WQHD-240Hz フルHD-240Hz

参考元:パソコンピックネット
※最大周波数は伝送速度による理論値です。実際はデータの圧縮率やモニターの仕様によって変わるので、正しくはモニターの説明書(プリセットモード)を確認してください。

DisplayPort
1.2 4K-75Hz WQHD-165Hz フルHD-240Hz
1.4 4K-120Hz WQHD-180Hz フルHD-240Hz

ゲーム機・PC側とモニター・テレビ側で同じ規格であればバージョンが違っても接続できますが、バージョンが低い方の性能になります。
また、使用するケーブルの性能も足かせになるので注意してください。モニターに付属しているケーブルが必ずしもモニターの最大能力に対応できるとは限りません。

勘違いのないように書きますと、上記は端子の規格なので、例えばHDMI 2.0の端子がついたテレビやモニターであれば全て144Hzに対応するというわけではありません。
HDMI 2.1未満のテレビはほとんどが60Hzまでしか対応していないのでわかりやすいですが、モニターの場合はDisplayPortをメインに説明しているので、ゲーム機利用でHDMIを重視するのであれば必ず取扱説明書をダウンロードしてプリセットモードを確認してください。

PS5にもHDMIケーブルが付属してくるものと思われますが、「4K 120Hz」「8K 60Hz」は一部の人しか使わないであろうことからHDMI 2.1 48Gbpsに最低限対応するレベルの物かもしれません(推測)。
次のケーブルは最新の規格に対応している中では安い方ですが、新機能への対応を謳っています。
HDMI ケーブル 8K@60Hz/4K@120Hz HDMI2.1規格 ケーブル 48Gbps高速イーサネット HDCP 2.2/HDR 4:4:4/eARC/8K UHD
※長さが書いていないので問い合わせしたところ、1.8mとのことでした。

FreeSyncとAdaptive-SyncとVRR

これらはモニターのリフレッシュレートをゲーム側のfpsと同期させて画面のティアリングやカクつきを減らす機能です。
AMDが開発したFreeSyncの技術をDisplayPort 1.2a規格に取り込んだのがAdaptive-Sync、HDMI 2.1規格に取り込んだのがVRRで、この3つは互換性があります。
多くのモニターやXbox oneが対応しているFreeSyncは、入出力の双方が対応していればDisplayPort 1.2a未満でもHDMI 2.1未満でも使えます。
格安モニターの場合、実際の機能がFreeSyncでもAdaptive-Syncと名乗っている場合があるようです。その場合、HDMIで機能するかは断言できません。

ちなみにG-SyncはNVIDIAが開発した同様の技術で、G-Syncに対応したグラフィックボードと、G-SyncまたはG-Sync compatibleに対応したモニターが必要です。G-Sync compatibleに対応していなくてもFreeSyncに対応したモニターで(安定性は不明ながら)使える場合があります。

これからゲーミングモニターを買う場合はFreeSyncに対応していることが望ましく、PCでも使う場合はG-Sync compatibleにも対応していると安心です。

よくある疑問と考察

このページのメインです。ここを読んでいただければいかにモニターはスペック表だけでは判断できないかをわかっていただけると思います。
とくにDisplayPortで接続したPCで使うことを主目的としているゲーミングモニターは、HDMIで接続するゲーム機での利用においてはスペック表ではわからない部分が多く存在します。

液晶パネルにはTN・IPS・VAとあるけど?

これに関しては多くのサイトで説明されていて、概ね正しい情報が広まっていると思います。
ただ、パネル自体が進化しているので最近の状況だけ書いておきますと…

TNの発色は良くなってます。ただし、依然として上下の視野角の狭さが問題で、真正面から見ていても画面の上が暗く、下が明るく見えます。
この現象は画面に顔を近づけるほど顕著になり、ゲームにて上方の暗がりがやや見えにくくなるハンデを背負うことになります。

IPSは(今までTNばかりだった)24インチのハイリフレッシュレート機が今年(2020年)になって続々登場しています。高速化を含めた新技術を使用したパネル(Nano IPSなど)も登場しましたが、これらは価格が高い傾向にあります。
全体的な価格は下がってきており、「24インチの144HzならTN」というのは2019年までの話になりました。

VAは高価格帯の4Kテレビに採用されています。残像感は黒挿入で減らすことが出来ますので、HDRを重視したいテレビは液晶では比較的コントラストが高いVAに行きつくようです。

…このような感じです。ゲームにおいて重要な違いは応答速度の項を読んでください。

ゲーミングモニターならどれでも内部遅延が小さい?

実はそうとは限りません。既存のゲーミングモニターは144Hzなどのハイリフレッシュレートで使用することを主眼にしている製品が多く、稀にですが60Hz入力時に内部遅延が大きくなる製品があるようです。
例として、VG279QMは60Hz入力のときに遅延が大きいというツイートがありました。

リフレッシュレートが小さくなれば更新間隔が広くなるので遅延が大きくなるのは当然ですが、他製品の一般値より25msも大きいのは気になります。
このモニターをPS5用に薦めているサイトは実際に存在していますが、HDMIで接続するPS5では4K時などに60Hz表示になることがあると考えられます。
内部遅延が大きいことによる最大の問題は映像が極わずかながら遅れて表示されることです。ジャンプボタンを押したときにほんのわずかに遅れてジャンプしたり、照準で狙うときに行き過ぎてしまうという、アクション性のあるゲームや音ゲーで致命傷になりかねない問題が発生します。
このように、60Hz時に遅延が大きくなるモニターが実在するという情報がある以上、使ったことがないと思われる人による安易なおすすめは鵜呑みにしないでください。

また、遅延に関してネットの情報で多く見られる「応答速度が速いから操作の反応が良くて快適」というのはほぼ間違いです。
応答速度とはピクセル(ドット)のある中間色が変化し始めてから別の中間色に変化し終えるまでの時間であり、あえて言うのであれば表示遅延の一部です。
遅延である以上、間違いとは言い切れませんが、操作の反応にはほとんど影響せず、主に残像の発生に影響します。
とくに従来のIPS液晶は応答速度が遅く、素で8~12ms(GtG)ほどありました。
最近のIPSは素でも速くなってきており、さらにオーバードライブという技術で1~4msくらいにまで縮めています。

ゲーミングモニターを選ぶ際に応答速度は重要ですが、この数値は曖昧なものです(応答速度の項を参照)。
そもそも1msと4msの差は3ms、つまり0.003秒です。敵が0.003秒早く見えたり、0.003秒操作レスポンスが速くなって成績が変わるかという話になります。
120fpsで1コマが1/120秒なのに、1/333秒の遅延が気になるのはプロ級です。

よくありそうな比較動画で「ゲーミングモニターの1msとテレビの8msでは遅延の差が明確」というのは、テレビ特有の映像処理による内部遅延が原因でしょう。これはゲーミングモニターと普通のモニターを比べた際にもスローにして見ればわかるほどです。
ですので、スペック上の応答速度1msと4msの違いを気にするなら、実用域での残像と別の原因による遅延を気にしてください。

応答速度1msなら残像が少ない?

内部遅延の項で応答速度は残像感に影響すると書きましたが、IPSでも「素で速いパネルを1msにした場合」と「素で遅いパネルを1msにした場合」とでは実用性が若干違います。
俗にいう「応答速度(GtG)1ms」とはオーバードライブという電圧調整機能を最強にした場合の「中間色(Grey)→中間色(Grey)」の目安数値です。

まれに応答速度を「黒→白→黒」の合計時間と説明している人もいますが、一般的にスペック表ではGtGの値なので任意の「中間色→中間色」です。

このオーバードライブを最強にすると高確率で行き過ぎたオーバーシュートによる弊害が現れ、ゴーストのような偽色の不自然な残像が発生します。
もともと応答速度が遅めの液晶に実用的ではない強さのオーバードライブを設定可能にして「応答速度 1ms(GtG)」としている製品もあるかもしれません。
それほど応答速度の数値は曖昧であり、色々計測して最も高速だった色から色への数値を大雑把に表記しているだけだと思ってください。
ゆえに同じIPSの1msでも実態はまちまちなので、ましてやIPSの1msとTNの1msは別物であろうと捉えつつも、数値はあくまでも参考程度にとどめておいてください。

さらに、同じモニタでもリフレッシュレートが低いほどオーバーシュートの弊害が起きやすくなる傾向にあるようで、PS5といえども使用を避けられないであろう60Hz時はそれが出やすい印象です。
極端な例として、ASUS VG27AQは60Hzのときはオーバードライブを最弱にしてもオーバーシュートによる偽色残像が出るらしく、仕方なくオーバードライブをオフにすると素の応答速度になるので大いに残像が出るとのことです。

また60Hzなどにリフレッシュレートを下げると20~80の各種設定においてオーバーシュートの逆像が発生するため、オーバーシュートを割けるには補正なしの”0”にする必要があります。「ASUS TUF Gaming VG27AQ」は144Hzなど高リフレッシュレートな動作に特化した設計となっており、60リフレッシュレートで応答遅れによる残像やオーバーシュートが発生しないような設定は用意されていないので注意が必要です。

http://blog.livedoor.jp/wisteriear/archives/1077375558.html#resp-late

上のサイト様のように実際に使用した上での記事を参考にしてください。
逆に参考にしてほしくない事例として、メーカーと提携しているYouTuberがコメント欄でPS4 PRO用に上記のVG27AQを薦めているのを見かけました。
この60Hzで残像が多くなるという現象は実際に使ってみないとわかりませんし、普通は知らなくてあたりまえのことです。ネットで薦めている人が「ゲーム機に詳しいのか」、「実際に試したのか」、「どこと提携しているのか」などを見極めてから参考にするようにしてください。

ちなみに「応答速度(MPRT)1ms」とは、GtG(中間色→中間色)のように単純な色の変化速度を計測したものではなく、実際に動かした映像の残像を計測した数値で、一概には変換できませんがおよそ1ms(MPRT)→3~4ms(GtG)くらいだと思われます。
ただ、GtGの1ms(オーバードライブ最強)はオーバーシュートによる偽色の残像が出ることが多いので、実用的なのは1ms(MPRT)と3ms(GtG)前後かもしれません。[注意:極度の推測]

PS5の映像を堪能するには4Kじゃないと駄目?

これは画面の大きさ・視聴距離・矯正視力によって変わります。
43インチ以上の大きな画面であまり離れて見ない人、離れても良く見える人は4Kがいいでしょう。
最近は27インチの4Kモニターがぞくぞく発売されていますが、この大きさで4Kは高精細さだけが突出していて、静止画をまじまじと見る使い方でもしない限り4Kはオーバースペックだと思います。

4Kテレビは迫力を求めるためにフルHDテレビより近くで見ることが推奨されていたりしますが、それはテレビ番組や映画の話であって、3Dの移動シーンが多いゲームでは3D酔いの原因になります。

また、27インチの4Kということは13.5インチのフルHDと同じ精細さになるので、少しでも老眼を感じている人にはゲーム用途では無駄です。
もしもPS5がフルHDと4Kの二択だった場合は意味がありますが、ほとんどのゲームでWQHD表示できるのであれば27インチでは60Hz超の製品が選べるWQHDモニターが良いでしょう。

置き場所などの都合で24.5インチくらいまでしか使えない人、近眼の人はフルHDがいいでしょう。
大画面で至近距離だと全体を把握しづらくなり、かといって離れると視力の都合でぼやけるのであれば4Kは無駄です。
無駄でもいいと思うかもしれませんが、4Kで60fpsまでしか出ないゲームでもフルHDなら120fps出る可能性があります。
PS4などで60fpsでも滑らかさに問題がなかったという人もいるでしょうが、それは慣れです。例えばPCにて120fpsでプレイ中に60fps上限に設定すると明らかにガクガクして眉間にシワが寄ります。
それでも数分で慣れるのですが、長時間のプレイでは目の疲労に差が出るでしょう。いつまでもゲームを楽しみたいのでしたら目は大切にしてください(プライスレス)。

では24.5インチと大画面の間にある27インチと32インチクラスはどうでしょうか。
27インチでフルHDでもなんら問題はありません。シャギー(ドット感)が気になるのでしたら少しだけ画面から離れればOKです。
32インチで4Kも問題はありません。4K最大のメリットである「大迫力画面でもドットが気にならない」という効果は弱まりますが、大きさ的にPCでも実用的に使えるというメリットがあります。
ただ、これらの大きさで最も丁度いい解像度はWQHD(2560×1440)です。
現行機のXbox one XはフルHDと4Kの間にWQHD出力があるのでPS5にも追加されている可能性はあります。その場合は(疑似4Kとはいえ)4Kよりもフレームレート(fps)が安定するかもしれません。

マウスを使わないゲーム機において、置き場所の問題がなければ25インチ未満はあまりおすすめしません。
フルHDで画面が大きすぎると粗が目立つという意見もありますが、最近のゲームは自然画に近いのでシャギーはあまり気になりませんし、気になったとしてもパッドでプレイするのだから少し下がればいいだけです(目にも優しい)。
寝っ転がってでもプレイ出来るのがパッドの魅力ですので、フルHDだとしてもゲーム機専用ならば大きめの画面をおすすめします。
24インチクラスはFPSゲームの対戦を何よりも重視する場合に選択肢に入れてください。

4K 60HzのモニターにフルHDで表示したとしてもハイリフレッシュレート表示が可能になるわけではないので注意してください。

4Kモニターでもハイリフレッシュレートを選んだ方がいい?

もっとも憶測が多い考察になりますが、これまでのXbox series X(以下、XsX)とXbox series S(以下、XsS)の噂と現行機最後発のXbox one X(以下、XoX)の機能から考察してみます。
まず、XsXは「4K 60fps」、XsSは「4K未満 60Hz」を主流にするというリーク情報があります。
このことにより、大画面4Kテレビにつなげたい人用の高性能機 Xと、フルHDでいいので安く本体を買いたい人用の廉価機 Sという、テレビゆえの極端な需要に応えるためだと推測されます。
これは家庭用ゲーム機(コンソール機)は60Hzが主流であるテレビでの利用を主眼に置いていることも意味しています。

Xbox series XとSの公式情報が出てきました。価格は税抜で、Xは49,980円、Sは32,980円です。
推測ですが、Xは「4K 60fps / WQHD 60~120fps / フルHD 120fps」、Sは「WQHD 60fps / フルHD 60~120fps」を主軸にしていくものと思われます。
2つのスペックは細かく違っていますが、機能は同じなので同じゲームをプレイでき、4K・WQHDをメインにする人とフルHDをメインにする人で分かれます。WQHDでのプレイを求める人は60fps超も求めると思うので、数年後を考えてもXが良いでしょう。
余談ですが、BDドライブの有無に次ぐ大きな違いはRAMで、容量が16GBと10GBという違いよりも、速度の差が快適さに大きく影響すると思われます。
X:10GB 560GB/s + 6GB 336GB/s
S:8GB 224GB/s + 2GB 56GB/s

Sで扱うテクスチャー(画像)はXのものより小さいので遅くても良いのでしょうが、RAMはグラフィックだけではないので全体に影響しそうです。

また、一般のユーザーはぱっと見がリアルで美しいゲームに次世代機のパワーを感じる人が多いことでしょう。そのため、ゲーム開発側も高精細な4Kにおいてグラフィック品質を落としてまで60fps超を狙うことは考えにくいと思われます。
質問にあるような「4K 120Hz HDMI 2.1対応モニター」が活躍できるのは、(普及するかはわからないが)4K 120Hz対応機器の普及とゲーム開発側の技術向上が合わさった数年後になると推測します。

その120Hz対応機器の話ですが、4Kで120Hz以上に対応している製品は10万円以上するとはいえ存在しています。しかし、現時点ではそれらはDisplayPortでのみしかハイリフレッシュレートに対応しておらず、HDMI接続のPS5では60Hz止まりです。
仮にPS5で4K 120fpsのゲームが早々に出たとしても、それにフルで対応するにはHDMI 2.1対応モニターを求める必要があるので、どうしても今すぐ欲しいのであれば後述の4Kテレビを選ぶことになります。
※4K 120fpsのゲームがHDMI 2.1対応モニターでないとプレイ出来ないということはありません。
※ハードの仕様として画質を下げて圧縮率を上げればHDMI 2.0で4K 120Hzも不可能ではありません。

SPECTRUM 4K 144HZというモニターが海外で669ドルで予約受付中です。このように来年には4K 120Hzに対応したモニターが複数出ることでしょう。
PS5やXbox series Xがどこまで4Kでfps出せるかわかるまで待ちつつ、このような製品が日本で発売するのを待つのもアリです。

また、「自分はいま売ってる144Hz対応WQHDモニターで120コマを堪能する」と考えた場合にも注意が必要です。
万が一、PS5がWQHD出力に対応していなくて4Kで出力した場合、現行のHDMI 2.0搭載モニターは「4K 60Hz」と認識するので表示はWQHDの60コマまでになります。中にはこのことを無視してハイリフレッシュレート製品を薦めているサイトやYouTuberがいるので注意してください。
たとえPS5がWQHD出力に対応したとしても、LGの売れ筋モニター 27GL83A-BのようにHDMIの最大推奨値が100Hzという製品もあります(あくまでも推奨)。スペック表のHDMIが2.0以上であることはもとより、マニュアルのプリセットモード一覧でHDMIが対応している最大解像度と最高垂直周波数の組み合わせを確認してください。

ただし、PS5がWQHD出力に対応したとしても必ずしも60Hz超に対応するというわけではないので、発表を待てないのであれば「60Hzしか対応しなくても仕方がない」という心構えで選ぶしかありません。

そもそも高度な3D処理がなされているゲームにおいての4K出力は高価格ゲーミングPCをもってしても60fps前後がよいところです。
映像が公開された次世代機ゲームの多くはレイトレーシングという光の反射をリアルに計算する処理がされているように見えました。この処理は見た目に大きなインパクトを与えるので次世代機の魅力を伝えやすいものですが、これをリアルタイムに処理することはGPUの負担が大きく、確実にfpsの低下を招きます。
ですので、特殊な方法で処理を軽くしているPS5であっても4Kで100コマ以上出力できるのは横スクロールや見下ろしアクションなどの視点やエフェクトが単調なゲームまでだと予想され、そういったカジュアルなゲームでは60Hzで十分だったりします。

現状の製品ラインナップと価格を考慮した場合、4Kにしたいのであれば迫力を優先して「ゲームモードに力を入れているテレビ」にした方が良いでしょう。
ハイリフレッシュレートを優先したいのであれば、一か八かの「WQHD+144Hz+HDMI 2.0機」か、堅実な「フルHD+144Hz機」の二択です。

以上のことを考慮して、「(どんなゲームでも)PS5は4Kで120fps!」と安易にゲーミングモニターをおすすめしているサイトの情報は鵜呑みにしないでください。

【追記】
ファミ通.comの記事によると、PS5版「ラチェット&クランク:リフトアパート(仮称)」は4K解像度で30fpsのモードと、60fpsでそれより低い解像度のモードから選んでプレイするそうです。
そうなると、しばらくは4Kで60fpsを大きく超えるゲームは質素な画の作品だけになるのかもしれません。
ただ、フルHDという言い方をしていないので、WQHDに対応しそうな気配はあります。

【追記】
PS5版「コール オブ デューティ ブラックオプス コールドウォー」は4K 120fpsに対応していると海外の記事にあるそうです。
低解像度で内部処理をしたのちに4Kにアップさせるのはもちろんですが、レイトレーシングをオフにすることも条件だと思われます。
対戦をメインとしたFPSは安定した高フレームレートが重要なので、4K 120Hz時のグラフィック品質や安定性を見極めてからHDMI 2.1対応製品にするか判断するのもありですね。


また、これは勝手な予想ですが、FPSゲームなどの対戦モードがあるゲームによっては公平を期すために秒60コマに制限することがあるかもしれません。[注意:極度の推測]
その場合でもハイリフレッシュレートで接続されていれば60Hz接続よりは滑らかかもしれません。

遅延を気にするならテレビよりモニター?

確かにテレビは内部遅延をあまり気にしていない製品が多い印象ですが、4K表示であれば個人的にはテレビをおすすめします。
他の項で書いたとおり4Kでは60Hzが現実的であることと、4Kのメリットである「大迫力画面でもドットが気にならない」を活かすためには大型しかない4Kテレビが適しているからです。

遅延に関してもゲームモードに力を入れているBRAVIAやREGZA、NanoCell TVならほぼ問題ないでしょう。
とくにNanoCell TVは応答速度が速い液晶を使っているので、遅延はもとより残像が軽減されます。さらに、PS5がHDMIのALLMという機能に対応すれば、テレビがゲーム映像か動画映像かを識別して自動でゲームモードをオンオフします。

また、将来を見越して4K 120Hz対応機を選ぶ場合、発売されたとしても高価であろうHDMI 2.1対応モニターを待つのであれば、すでに発売しているNanoCell TV(更にはLG OLED TV)にする方が手っ取り早いかもしれません。

では4K未満ではどうかというと、テレビ機能が必要ならゲームモードを重視しているメーカーのテレビで良いでしょう。テレビはHDMIのリンクが合えば外部入力に自動で切り替わりますし、確実にリモコンとそこそこのスピーカーが付いていて便利です。
テレビの難点を追加で挙げるとしたら、画面の表面がノングレアではないので暗いシーンのときに明るい部屋の様子や自分の姿が映り込んでしまうことでしょう。少しでも避けたいのであればハーフグレアのテレビを検討してください。

4K未満でテレビ機能が必要ないのでしたらゲームに有効な機能がついているゲーミングモニターを選びたいところです。
ただ、ゲーミングモニターに遅延を減らす機能があった場合、それをオンにすると使いたかったゲーム用機能がオフになってしまう場合があります。この設定では少しでも遅延させてしまう機能は停止されると思ってください。

また、しつこいようですがPS5がWQHDに対応するかは未知数です。Unreal Engine 5のデモ映像がWQHD 30fpsだったらしいのでおそらく対応するとは思いますが、万が一、対応しなかった場合はWQHDモニターでは「拡大してぼやけた(または小さいままの)フルHD」か、「60Hzの4Kをダウン・コンバートした画像」になることを覚悟しておいてください。

FPSやるなら24インチって聞いたけど?

ゲーム機のFPSゲームは画角(FOV)と解像度を自由に選択できないことが多いのでガチでやるなら24インチくらいがいいと思います。

一方、PCでは一概には言えません。24インチ画面を適切な距離で見ると画面全体を把握しやすいと言われていますが、たしかに48インチ画面で適切な距離まで離れると視力の関係で細かいところが見えにくくなります。
ただ、PCの場合は画角を変えればいいのです。48インチは極端な例ですが、27インチにして画角を上げれば24インチで見えている範囲を27インチの中に収めることが出来、大きい分だけ周りを表示することが出来ます。
把握するのが24インチの範囲だけだとしても、24インチでは画面外で絶対に見えない部分が27インチであれば視界の隅で動きを感じることが出来ます。
訓練すればいずれ27インチの範囲を把握できるようになるかもしれませんし、そうなるまでは座る位置を少し後ろに下げて対処するという方法もあります。

それならば24インチのまま画角を上げればいいのかというと、それだと中心部が小さく表示されてしまう(正面の敵が遠く、荒く見える)ので限界があります。
また、27インチにするとしても同じ解像度でインチアップすると僅かとはいえ画像が荒くなりますので、同時にフルHD→WQHDにアップするとやや見やすくなります。

この画角を上げる方法の問題点を挙げるとすれば、視界に入る情報量が多いと混乱してしまう人には不向きということです。

※FPSゲームでは上下はあまり重要ではないので、上の理屈ではウルトラワイドモニターが有用ということになります。

24インチのフルHDと31.5インチのWQHDはドットピッチがほぼ同じなので、ゲームとPCとモニターの組み合わせがウルトラワイドの表示に対応していれば、31.5インチWQHDモニターにウルトラワイド(2560×1080)表示するという方法も考えられます(要検証)。

フルHD 144Hzモニターを買えばPS5でヌルヌル感を味わえる?

PS5がハイリフレッシュレートに対応している前提ですが、HDMI接続が出来る機種なら「はい」です。【追記:公式サイトに「最大120fps 120Hz出力」と記載されました】
※PCでは設定により60Hzになっている場合があるのでディスプレイの詳細設定を確認してください。

また、ゲームが120Hzに対応していたとしてもヌルヌル・カクカク感はコマ数(fps)だけでは決まりません。110fps前後出ていてもギクシャクするときがあります。これは、例えばモニターを120Hz設定にして110fps前後の映像を表示するとタイミングが合わないときが出てくるためです。
これを補正するのがFreeSyncのような可変リフレッシュレート同期機能で、PS5はその技術を使ったHDMI 2.1のVRRに対応する予定です。VRRとFreeSyncは互換性があると言われています。
この機能によってチラチラと目立つティアリングもほぼ消えますが、このSync機能は他の機能と排他になることがあるので、製品候補が決まったら説明書のSync機能の箇所を確認してください。
※G-SyncやFreeSyncは完ぺきではないのでゲーム内の垂直同期(VSync)の併用も試してみる価値があります。

あと、このページの応答速度の項も読んでください。
オーバードライブを最強にしていて「安物を買ったら色付きの残像が出るのですぐに売っぱらった」という人の話を聞いたことがあるので、安物とか関係なく設定を見直すようにしてください。

60Hzのゲーム機では144Hzのモニターは無駄?

60Hzのゲーム機利用時、60Hzと144Hzのリフレッシュレート以外が同じゲーミングモニターであれば144Hz性能は無駄ですし、製品によっては前述の遅延や残像という弊害が出る可能性があります。

いきなり話を変えますが、だからといって60fpsくらいしか出ないPCでも無駄になるかというとそんなことはありません。PC側で144Hzに設定しておけば表示タイミングが合わなかったときのカクツキ(スタッター)が小さくなるからです。

モニターは周波数を144Hz設定にすると1秒間に144回表示するとされていますが、画面は高速に上から下に書き換えられていて、上から始まるタイミングが144回来るという意味です。
そして、この例でのPC本体はゲームの負荷により秒間60コマ前後を上下します。
モニターの周波数をエスカレーターのステップとし、PCが送り出すコマを人間だと仮定してみてください。

フレームレート(fps)とリフレッシュレート(Hz)をエスカレーターに見立てる
描画中の画と表示中の画、およびその前後を強引にエスカレーターで例えた図


まずは60Hzモニターの場合です。例えばエスカレーターは1分間に60ステップという一定の速度で動いているとして、そこに向かって1分あたり60人前後の人間が歩いてきているとします。

ピッタリ1秒ごとに1人くればスムーズですが、ほんの少し早く人間が来たらその人間(コマ)は前の人間を押しのけてステップに乗ってしまいます。
「画面は高速に上から下に書き換えられている」と書きましたが、前の人間(コマ)の上半身を描いたところで割り込んだ人間の下半身を書いてしまうのです。
[ティアリングの図を挿入予定]
それにより、画面上では上下で1コマ分ズレた画像が表示され、ティアリング現象になります。
逆に人間がわずかに遅れても同じです。次の人間が来ていないときは再度前の人間の頭から描き始め、遅れた人間が来たタイミング(例えば首)からその人間を描きます。
正しくはエスカレーターでは表現できませんのであくまでもイメージだと思ってください。

ゲームの設定でVSync(垂直同期)をオンにすると、上から下まで書き換え終えたタイミングでしか次のコマを受け付けなくなるのでティアリングはなくなります。しかし、負荷が上がって次のコマが書き換え開始前に来なかった場合、途中でコマを変えない約束なので前のコマをもう一度最後まで表示してしまいます。モニター上では一つ前のステップの画像が2Hz分(2/60秒)表示されたままになり、一瞬、時が止まる(カクっとする)スタッターという現象が起きます。
ただ、改良版のAdaptive VSyncはスタッターも抑えます。

ではモニターが144Hzだった場合を考えます。1分間に144ステップが流れる高速エスカレーターに1分あたり60人前後の人間が乗ろうとするとします。

エスカレーターの動きが速ければ足を載せる瞬間にギクシャクしない

この場合、ピッタリ1秒ごとに1人ではなくてもステップがいっぱい来るので、早すぎても前の人間を押しのける必要がなく、逆に遅れてもティアリング状態は短時間で消えます。このことにより144Hzが無駄にはならないのです。
ちなみにステップに人間が乗ってこなかった場合は前の人間(コマ)を表示します。
ただし、これはあくまでも例えであって、現実的にカクツキや映像ズレはなくしきれません。これらを極力なくすのがAdaptive VSyncになるのですが、その処理によってfpsが少し落ちるので、現在はG-SyncやFreeSync機能でエスカレーター側が人間の来るタイミングにステップを合わせてくれています。

60Hzのゲーム機に話を戻しますと、60Hz固定ということはエスカレーターを低速で動かすことになるので、やはり144Hz機能は無駄になります。
ただし、Xbox one以降はFreeSyncに対応しているので、何HzかよりもFreeSync対応モニターであること優先すれば60Hzでもギクシャクしづらいでしょう(PS5は発表待ち)。

120Hz倍速液晶のテレビならヌルヌル?

最近は高級機でしか見かけませんが、倍速液晶のテレビは確かにヌルヌルです。
しかし、テレビの倍速は1秒辺り60枚のコマの各間に中間のコマを独自に作成して挿入する仕組みになっています。
これは最新のコマ(画像)がテレビに届いてから前のコマとの差を計算して中間の画像を作り、それを表示してから最新のコマを表示するので確実に遅延を感じます。まったりとした操作のゲーム以外ではプレイに支障をきたすでしょう。

ちなみに、下の方にある「重視する条件別の要求」項で上記とは違うフルHD 120Hz対応の4Kテレビを紹介しています。

HDR機能は必須?

申し訳ありませんが筆者のHDRの知識が乏しく、情報収集時においてもゲームでの高評価が見当たらなかったために回答できませんが、判断材料になりそうなことを少し書かせていただきます。

HDRの効果を最大限活かすには最大輝度が600cd/m2以上必要だといわれています。400cd/m2でも効果はあるようですが、問題点としてIPS液晶はコントラスト比が低く、バックライトを強くすると黒い部分が目に見えて明るくなってしまいます。

YoutubeにHDRのオンオフを比べている動画がたくさんあります。そのうち、キャプチャーした映像は見ても意味がなく、本来は再生した機器の画面を見る必要があります。
再生した機器の画面をカメラで撮影した映像であれば意味はありますが、多くは青みがかった暗い映像になっています。
実際は機器の組み合わせや映像ソースによっても見え方が変わると思われるので、表示した機器を直接目で見て感じないと何とも言えないのが現実です。
つまり、あなた自身が自宅の環境でHDR映像を対応機器で見ないと必須であるかの判断は出来ないのです。

製品によってはHDRをオンにするとオーバードライブが使えなくなるという話も聞きますし、HDR機能搭載としていてもメーカーの独自HDRなので規格に沿っていない物もあります。
TNパネルのBenQ EL2870UをHDRとブルーライト軽減機能でおすすめされていることがありますが、HDRについては公式にも詳細情報がなく、ブルーライト軽減機能はHDRと併用できません。
製品を問わず、HDRはレビューを見ていても「不自然に見える」や「暗くなって見づらい」というのが多いのでどうなのでしょうか。

どちらにしても、ゲームでは雰囲気よりも暗いところが見える方が有利であることが多いので、雰囲気を重視するのでなければHDRこだわる必要はないと思います。

黒挿入機能があれば残像が目立たなくなる?

黒挿入はメーカーにより呼び名が様々で、AcerはVRB、ASUSはELMB、LGは1msMBR、他にもあります。
効果は製品によって異なります。「暗くなりにくい代わりに効果が薄い」という消極的な製品から「ちゃんと効果があるのに暗くなるのを抑えている」という高性能品まで技術&調整次第です。
同じメーカーでも方式が2種類あり、呼び名通りに黒いフレームを挿入している方法とバックライトを消している時間を用いる方法があります。
どちらの方法であっても1コマ中の何割かの時間を黒にし、残像(書き換え中の色)をなるべく見せなくしたり、映像の移動と目の動きの差によるブレ感を軽減する機能ですが、60Hzでは機能しないモニタが多いので注意してください。
そもそも秒速60コマという遅いスピードで画面が明滅するとチラツキを感じる人も出るでしょうし、感じない人でも長時間凝視することによって眼精疲労が出る可能性があります。これは目に優しいとされるフリッカーフリーの逆をあえて行う機能だからです。
ただし、モニタによっては60Hz時には2回ずつ明滅させることで120Hz時と同等の高速明滅にしている製品もあるようです。

また、価格が低いモニターは黒挿入機能とFreeSyncを同時に使えないことが多いことも知っておいてください。
あるサイトにてASUSのVG259QとVG258QRは「黒挿入が実用的」とおすすめしていますが、これらの製品は黒挿入(ELMB)とAdaptive-sync(FreeSync)の併用が出来ません。
垂直同期のSyncは必須機能といえるので、併用できない機種では「黒挿入が実用的」とはいえません。

また、そのサイトではVG259Qに「応答速度がTN並みに速い」とも書いていますが、その製品の応答速度1msはMPRTなのでGtGだと3msほどです。ただ、他の項に書いたとおり「MPRT 1ms」は各メーカーの現実的な目安であり、実用性では問題ありません。

最近、応答速度にMPRTという方式が採用されてきているのは、世間的に「応答速度 1ms」という表記だけが注目され過ぎているためではないかと思われます。
nanoIPSのような新技術によるものを除いた通常のIPSでは過度にオーバードライブをかけないとGtGにて1msを実現するのが難しく、かと言ってそのまま「3ms」等と表記すると、応答速度を単純な遅延だと思っている人たちに敬遠されてしまいます。
そこで、より現実的な残像時間としてMPRTという計測方法を編み出したのかもしれません。[注意:極度の推測]
一昔前、カメラ選びのときに画素数ばかりが注目され、「画素数が多い=高画質」のような誤解が広がった結果、逆効果である無駄に画素数が多い製品(スマートフォンを含む)ばかり登場しました。
応答速度はGtG 4ms以下では実感の差は少なく(「遅延を体感できる」と言っている人は別の問題)、GtG 1msと謳っている製品でも実用的なオーバードライブ設定では3msくらいになるかもしれません。
また、実際に目で見えるブレの原因のうち、残像によるものは少なく、高fpsや黒挿入による対処の方が重要になります。
つまるところ、GtGの0.5msや1msに過剰にこだわる必要はありません。

補足として、その製品をはじめ、黒挿入は100Hz・120Hz・144Hz等、オンに出来るリフレッシュレートが制限されているので、あなたの使用方法にて不要と判断したら条件から切り捨ててください。
ちなみに他の項で紹介した「60Hzだと大きく遅延するVG279QM」と「60Hzだと残像が多くなるVG27AQ」はELMBとSyncの併用が出来ます(60Hzをほとんど使わない人なら良い製品)。ただ、VG279QMはG-SYNC Compatibleしか使えないのでゲーム機には関係ありません。

以降はG-Sync対応モニターで使えるGeForceのULMBという黒挿入機能の効果検証です。
使用モニターはスペック上の応答速度 1ms(GtG)のTN液晶モニターで、オーバードライブを強・中・弱の中にしています。
120Hzに設定してあるので、ULMBをオンにすると1秒間に120回画面が黒くなります(点滅は感じない)。

UFO Test: Multiple Framerates
上のサイト様で横に流れている映像をカメラ(1/125シャッター)を同じ方向に動かしながら撮影してみました。

黒挿入オン

上の画像が黒挿入オンで、下の画像が黒挿入オフ(通常)です。

黒挿入オフ

1/120で書き換えしている映像を1/125のシャッターで撮影しているのでよっぽどタイミングが合わないと2コマ分写ってしまいます(1コマ目の後半と2コマ目の前半)。現にオフの画像は2重に見えています。
黒挿入オンのときの映像を実際に目で見ると、プリントした紙を横に流しているようにクッキリと見えます。オンのときになぜ2コマ分が写らないのかというと、それは2コマ目の前半が真っ暗で写らないからです(どの部分を暗くしているかは設計による)。

その前に、「カメラをスクロールに合わせて動かしているのに2コマの映像がズレているのはおかしいのでは?」と思うかもしれませんが、これが「映像の移動と目の動きの差によるブレ感」の原因なのです。
視線とカメラは滑らかに流れますが、映像は「コマの静止画表示と次のコマの小さな瞬間移動の高速な繰り返し」です。この違いのせいで、目で追っているつもりの映像上の物体は実際は静止画の繰り返しで、視界内では流れ、次のコマの物体が進行方向の先に瞬間移動してまた視界内で流れていくを繰り返します。どんなに応答速度が速くても、240fpsでもない限りこの動態ブレは目立つでしょう。

視線は時間とともに滑らかに流れていきますが、画面上の物体は1/60秒ごとに瞬間移動と停止を繰り返します
秒60コマの画面上で左に動く物体を目で追ったときの物体の見え方

黒挿入ではこの視界内で流れている時間の半分前後を見えなくしてボヤケ感を弱めています。さらに、色が変化しているタイミングを見えなくしているので残像もほぼ消えます。
加えて120fpsという多めの書き換え回数が瞬間移動の距離(2重に写ってるブレ幅)を縮めているのでブレ感が大幅に減るのです。
黒挿入オフ時の映像で物体を目で追うと、瞬間移動によるブレと目の動きに合わない流れによる滲みで上のオフ画像に似た印象となります。
ちなみに120Hz接続でも60fpsほどしか出ていなかったら効果が薄いでしょう。

2つの画像の差でわかるとおり、黒挿入のブレ軽減効果は絶大です。これは、120Hz時の1コマの半分≒4.2msを見えなくしてしまえば応答速度(書き換え時間)が1msも4msも変わらないと言っても過言ではないということです(そもそも見えないので)。
この黒挿入機能とFreeSyncのような機能が併用できる120Hz以上のモニターは有力な選択肢になります。
PS5のフルHDが120Hzに対応するかはわかりませんが、対応したらこの黒挿入機能との組み合わせで対戦ゲームにおいて少しは有利に働くかもしれません。
ただし、4.2ms見えなくしているということは、色変化中の時間(1~4ms)を含めた4.2ms分、表示遅延しているともいえます。

暗い部分が明るく見える機能は有用?

ゲーミングモニターの多くには暗いところにいる敵が見えやすくなる機能が付いています。この機能はASUSでは「Shadow Boost」、LGでは「ブラック スタビライザー」、BenQでは「Black eQualizer」と呼ばれています。
しかし、この機能は製品によっては酷いものがあり、単純に輝度を上げているだけにしか思えないことがあります。
また、部屋の明るさや設定輝度によっても効果が変わるかもしれません。

このことに関してはレビューを漁って判断するしかなく、情報を見つけ次第、リンクを追加していきます。

有用だというレビュー
LG 24MP59G-P(IPS)
ASUS VG32VQ(VA)
ASUS VG259Q(IPS)
BenQ XL2411P(TN)
BenQ XL2546(TN)

効果がイマイチというレビュー
LG 27UL600-W(IPS)
LG 24MK400H-B(TN)
BenQ XL2546(TN)
GIGABYTE G32QC(VA)

ゲーム機では使えないというレビュー
ASUS VG27AQ(IPS)

目ぼしい候補を見つけたら、説明書を見て他の必要な機能と併用できるか確認しましょう。
ただし、強めに設定したままだとゲーム以外の部分で不自然な表示になるかもしれません。あくまでもゲームで有利になるための機能です。

PCでの60Hzとか144Hzとか○Syncとか黒挿入とか実際どうなの?

ここまで長々と書いてきましたが、実際に目で見てどうなのかというと、機器の組み合わせにもよりますが、GeForce + G-Sync対応TN液晶モニター(応答速度 1ms(GtG) オーバードライブ-中)でリフレッシュレートを切り替えて試してみました。

テストに使わせていただいたゲームの1シーン
Little Witch Nobeta(Pupuya Games, SimonCreative)

なんとも可愛らしい絵のゲームにデモ版があったので、マウスで視界を振ったときの柱の見え方を確認しました。

まずは筆者の表現の意味です。
・「カクつき」とは、視界を動かしているときに引っかかる瞬間があること。
・「ブレ」とは、視線の移動とコマ送りのズレによる動態ブレのこと。
・「ボヤケ」は「ブレ」と同じだが、遠景が滲んだように見えること。

144Hz

制限なし(180fps前後):ティアリングは発生しているが影響が小さいので違和感として感じる。

120fps制限:スタッターは発生しているが影響が小さいので僅かなカクつきとして感じる。

60fps制限:低fpsなのでブレてはいるが、そのせいかあるはずの僅かなカクつきが感じられない。

VSyncオン(144fps):超なめらかで気持ちいい。

G-Syncオン(180fps前後):けっこう滑らか。もともとティアリングとスタッターの影響が小さかったためか、オンにしても変わった感じがしない。

G-Syncオン(60fps制限):オフ時との違いがほとんど感じられない。

VSync+G-Sync:超なめらかで気持ちいい。

60Hz

制限なし(180fps前後):表示上、低fpsなのでブレてはいるが、そのせいかあるはずのティアリングが感じない。

120fps制限:表示上、低fpsなのでブレてはいるが、動きはけっこう滑らか。60Hzとの相性が良いのか製品の癖なのか不明。

60fps制限:低fpsなのでブレてはいるが、動きはけっこう滑らか。しかし、60Hzで60fps制限だとタイミングが合わない瞬間があるのか、カクつくことがある。

VSyncオン(60fps):低fpsなのでブレてはいるが、けっこう滑らか。

G-Syncオン(180fps前後):少し滑らか。

G-Syncオン(60fps制限):低fpsなのでブレてはいるが、動きはけっこう滑らか。

VSync+G-Sync:低fpsなのでブレてはいるが、けっこう滑らか。

120Hz

制限なし(180fps前後):ティアリングは発生しているが影響が小さいので違和感として感じる。144Hzとくらべて、ボヤケが少し増えた。

120fps制限:ティアリングは感じず滑らか。144Hzとくらべて、ボヤケが少し増えた。

120fps制限+ULMB:超クッキリ&滑らかで気持ちいい。

120fps制限+ULMB+VSync:超クッキリ&超なめらかで超気持ちいい(超最高)。

実用性を踏まえた感想

144Hzモニター1台を60Hzと120Hzにも見立てているのであくまでも疑似的な検証ですが、上の結果からわかったことを羅列します。

●60fpsほどの描画で60Hzモニターだと60fpsを僅かでも下回った瞬間にスタッターが起きてカクくつが、144Hzモニターでは起きない。あくまでも60fpsなのでブレては見える。

●60fpsほどの描画で60Hzモニターだと60fpsを僅かでも下回った瞬間にスタッターが起きてカクくつが、120fpsで描画すると起きない。あくまでも表示上は60fpsなのでブレては見える。

●144Hz+180fps前後と比べて120Hz+120fpsは僅かにボヤケが増えるが、ティアリングが発生しないので滑らか。

●60fpsより144fpsの方がティアリングやスタッターの影響が小さいが、それ以前に60Hzは常にブレて見えることが気になる。

ハイリフレッシュレート+黒挿入(ULMB)+VSyncの組み合わせは超最高

G-Syncの効果が薄いのは軽いゲームでfpsが安定していたためと、重いゲームを想定してfpsを制限したが「fpsが上下する」を再現できなかったことが原因だと思われます。
GeForceの黒挿入はG-Syncと排他のため、効果絶大な黒挿入を使うためにもVSyncが有用でした。

兎にも角にも、「ハイリフレッシュレート」と「黒挿入」で動態ブレと残像を低減して「Sync機能」で表示タイミングを合わせると、1つ世代が変わったかのようにクッキリして滑らかに動く世界になります。
検証はPCの場合ですが、PS5で言えることは、「4Kはきめ細かいが、きめ細かい画像がカクカクと流れるよりは、フルHDの画像が滑らかに流れる方が見やすいし、120Hzは黒挿入が使えるモニターがある」ということでしょうか(PS5が4K-60Hz・フルHD-120Hzという前提)。

2020年(PS5発売前)時点でのまとめ

PS5に発表されていない部分が多くあるために想定が含まれますが、このページの要点をまとめ、重視したい点別に候補条件を挙げてみます。これはおすすめ製品というわけではありません。

PS5での使用に限った要点のまとめ

  • 大きな画面でなら迫力と高精細が両立する4Kがおすすめ。
  • 「4K 120Hz HDMI 2.1対応モニター」が活躍できるのは数年後と推測。
  • 小さいモニターにする必要があったり、矯正視力が弱い場合はハイリフレッシュレートに期待できるフルHDがおすすめ。
  • PS5がWQHD出力に対応しなかった場合はWQHD 144Hzモニターでも60Hzになる。
  • PS4までは普通のテレビでも良かったが、PS5では4Kかハイリフレッシュレートを活かせる表示装置が欲しい。

PS5での使用に関係する要点のまとめ

  • HDMI端子のバージョンがゲーム機とモニター(テレビ)と違っても接続可能だが、バージョンが低い方の性能になる。
  • 液晶パネルは目安としてスペック上の応答速度(GtG)が4ms以下のIPS液晶が無難。
  • 応答速度は遅延というよりは残像の残り具合に影響する。
  • 応答速度は目安であり、共通の測定基準はない。
  • 応答速度は電圧の調整(オーバードライブ)で速くできるが、スペック値どおりの設定で実用性があるとは限らない(オーバーシュートによる偽色残像)。
  • 応答速度のGtG(色が変化している時間)とMPRT(実際の残像の時間)の値はそのままでは比較できない。
  • 内部遅延はスペック表ではわからないが、テレビにしてもモニターにしてもゲームに力を入れている製品は一般的に遅延が小さめ。
  • ゲーム機でもFreeSync対応モニターにしておくべき。
  • 黒挿入機能は効果が高いが、製品ごとの効果程度・HDMI対応・Adaptive-Syncとの併用可を確認しておくべき。
  • 黒挿入は確実に見やすくなるが、数ms遅れて見えることになるのは確か。

PCでの使用に限った要点のまとめ

  • PCでのFPSゲームは24インチより大きくても設定とGPUの性能次第でどうにでもなる。
  • 60fps位しか出せないPCでも144Hzモニターは無駄にはならない。

重視する条件別の要求

メインの利用法ごとに重視すべき条件をまとめました。「該当機種」に代表的な製品を載せていますが、PS5での接続を確認したという意味ではありません。

共通事項
応答速度の目安はGtGで4ms以下・MPRTで1ms
赤字はPS5使用で対応するか明らかになっていない部分


●FPSゲームでの対戦を何よりも重視したい(PC可)
TN液晶
24インチ前後
フルHD
120Hz~
該当機種例
※BenQ XL2411Pはプリセットに「HDMI 1920×1080@120Hz」がありませんでした。

↑ 特選タイムセール: ¥23,799
HDMIが1.4の古い製品です。HDMIは120Hzまでです。HDMIは黒挿入不可です。FreeSyncと黒挿入は併用不可です。


●大迫力を優先したい
ゲームモードに力を入れている4K液晶テレビ
該当機種例
(調査中)

↑ 特選タイムセール: ¥65,800
IPSパネル(発色よし)。低遅延モードあり(重要)。詳細不明ながら2倍速機能あり(方式が黒挿入だった場合は60Hzなので目が疲れる可能性あり)。ゲーム用のHDRモードあり。55インチで84,800円もあり。
LGの難点は低価格帯製品の機能の説明を端折ることがあるところです。


●PS5の最高峰を味わいたい
HDMI 2.1対応4K有機ELテレビか4K液晶テレビ
※有機EL(OLED)テレビは応答速度は圧倒的に速いですが、焼き付きなどを含めてゲームに向いているかはまだ不明な部分が多くあります。
該当機種例
Nano Cell 55NANO91JNAは比較的小型な次世代4K液晶テレビです。 [公式]
※海外向けにはソニーも同等のテレビを発表しています。


●普通に使う4Kテレビがいい

HDMIによるフルHD 120Hz対応テレビ
該当機種例
REGZA 43Z730Xは4Kテレビですが、フルHD 120Hz・WQHD 60Hzに対応しています。これ一台で4K&WQHD 60fpsまで・フルHD 120fpsまでに対応できます。
リンクは43インチですが、他に49・55・65インチがあります。[公式]
また、年内には後継機のZ740Xシリーズが発売されます(最小50インチ)。
※大画面でフルHD表示だとシャギー(ギザギザ)が目立ち、それを目立たなくする機能を使ってしまうと遅延します(120Hz時に使えるかは不明)。


●フルHDの安めのテレビ
ゲームモードに力を入れているテレビ
該当機種例
REGZA 40V34は40インチのみ映像処理時間が約0.83msという超低遅延です。[公式]


●小さくてもいいから安く上げたい(PC可)
TNかIPS液晶
24.5インチ以下
フルHD
ゲーミングモデルであれば75Hz程度でも可
該当機種例
GREEN HOUSE GH-GLCD238A-BKはIPSと同等のADS液晶を採用し、Adaptive-Syncに対応しています(144HzはDisplayPortのみで、HDMIでは120Hzまで)。[公式]
※PS5がAdaptive-SyncやFreeSyncに対応しているという正式な発表はまだありません。Adaptive-Syncは基本的にDisplayPort 1.2a以上とHDMI 2.1以上(VRR)が対応する機能です。

↑ 特選タイムセール: ¥9,770
頻繁に同じくらいの値段で売っています。DisplayPortは付いていません。ブラックスタビライザーあり。黒挿入なし。とにかく安さと小ささを優先する人向けです。23.5インチで11,550円もあり。


●高精細・滑らかさ・迫力をそこそこ味わいたい(PCにも有用)
IPS液晶
27~32インチ
WQHD
120Hz~
黒挿入

該当機種例
GIGABYTE G27Qは27インチ IPS WQHD 144Hz(HDMI可)で、黒挿入はFPSでの連射中などの画面が激しくぶれるシーンでバックライトを制御して見やすくしてくれる「エイムスタビライザー」を搭載しています(100Hz以上で有効 / FreeSyncと排他)。G27QCはVAの別製品なので注意してください。[公式]

DELL S2721DGFは27インチ IPS WQHD 165Hz(HDMI 144Hz)で、黒挿入はありませんが、Fast IPSとしているパネルの実態はnano IPSらしいです。HDR400認証しています。DELLは保証も手厚いです。[公式]


●無駄のない堅実な小さめモニター(PC可)
IPS液晶
27インチ以下
フルHD
ゲーミングモデルであれば75Hzでも可
該当機種例
BenQ EX2710は2.5W×2スピーカーとDSPを搭載した高音質と、周囲の明るさを感知してHDRを調整する画質が特長です。眼精疲労低減機能も盛り込んでいるためか黒挿入はありませんが、暗い部分と明るすぎる部分を見やすくする機能は付いています。144Hz / 27インチ(24.5インチもあり)。[公式]

エイサー XV240YPbmiiprfxは23.8インチ IPS フルHD 165Hz(オーバークロック時)、FreeSync・HDR10対応です。応答速度は0.5ms(GtG)となっていますが、これはオーバードライブを最強にしたときなのでオーバーシュートするかもしれません。しかも、0.5ms時にはFreeSyncが使えません。ただし、2msの設定でも実用性に全く問題はありません。

↑ セール特価: ¥29,289 – 9/20 21:15まで
IPSパネル。HDMIは120Hzまでです。応答速度の1msはMPRTなのでGtGだと3msです。黒挿入とFreeSyncは併用できません。ASUSのサポートには期待しないでください。


●無駄のない堅実な大きめモニター(PC可)
IPS液晶
4K
該当機種例
(調査中)

【追記】
10月8日にBenQがZOWIEブランドの新製品を発表します。
240Hzの24.5インチモデルXL2546Kと144Hzの24インチモデルXL2411Kの2種類で、FPSで撃ち勝つことにこだわるのであれば無視できない製品になるでしょう。

最後に

長々と書きましたが、PS5での現実的な結論を言ってしまえば「4K 60Hzのゲームモードに力を入れているテレビ」と「フルHD 120Hz以上のモニター」の2台でゲームによって使い分けるのがベストでしょう。
「4K 60Hz以上」と「フルHD 120Hz以上」を1台で済ませようとすると結局「4K 120Hz以上」の製品になってしまいますので、高額な製品を買うか、お手頃価格の製品が出るまで待つかの2択になります。
間を取った「WQHD 120Hz以上」はPS5の全てのゲームがWQHDに対応してくれば良いですが、4K出力の縮小だったら60Hzが限界になり、フルHD出力の拡大だったらボヤケてしまうでしょう。PCも併用するとなるとWQHDは魅力的ですが。



このページには筆者個人が持つ知識や印象による偏った情報が含まれています。明らかに間違っている箇所を見つけましたら、是非とも連絡ページやコメント、Twitterなどでお知らせください。
ちなみに「はてなブックマーク」していただけるのは大歓迎ですが、はてブのコメントは読んでいません。

第三者の意向の影響を受けない情報ページの作成にご協力をお願いいたします。

このページは次世代ゲーム機や新型モニターの情報が入り次第、更新します。大きな更新があった場合にはTwitterで報告します。

質問はお受けしますが、具体的なおすすめ製品を個別に答えることは出来ません。

コメント