dショッピングデーで突然すべてのクレジットカードが使えなくなってしまった話【解決法なし】

スポンサーリンク

dショッピングは毎月20日に還元ポイントが20倍になるdショッピングデーというキャンペーンを開催しますが、期間が1日しかないために何らかの理由で購入できなくなる可能性があり、今回陥った現象がネットに情報がないこと、サポートに問い合わせても誰一人として原因がわからなかったことだったので記事にすることにしました。
検索結果からこの記事に辿りついた人に先に伝えますと、dショッピングデー当日にこの現象になってしまうと、もうそのアカウントではその月のdショッピングデーでクレジットカードが使えません。

【記事を公開したのちにクレジットカード会社から連絡があったため、内容を訂正して再掲載しています】

起きた不具合

今回、クレジットカードの3Dセキュア(本人認証)の画面で正しくパスワードを入力して認証成功しても購入が完了しない現象が発生し、登録している全てのクレジットカードがロックされてしまいました。
とくにおかしなことはしていませんでしたが、あえて言えば数日前からお気に入りに入れて毎日価格をチェックしていました。dショッピングデーを狙っている感はあったと思います。
筆者は何年も前からdショッピングを利用していますので、今回、少しでも怪しまれたのだとするとドコモ側のセキュリティが極端に強化されたのかもしれません。

ドコモだけというわけではありませんが、ドコモ口座を利用した不正出金が2020年9月に明るみになり、ドコモは銀行口座登録の停止や本人確認の大幅強化を余儀なくされました。

この件の影響で決済の承認を厳しくしているのかもしれません。

不具合が発生するまでの経緯

家で使っていた家電が故障したために買い替える必要があり、3日後が20日だったのでdショッピングにある家電量販店”J”で製品の目星をつけてお気に入りに入れていました。
よくある話で、セールの直前に値上がりしてセールの意味がなくなるなどということがあったら意味がないので値段を監視していましたが、値上げするどころか20日当日に値下げしていて、ポイント還元を考慮すると思ったよりも大分安く買える見込みでした。
さらに、経由して買い物するだけでLINEポイントがもらえるLINEショッピングにポチポチフライデーというキャンペーンが来ていたので絶好の買い物日和です。

朝になって値段が変わったり売り切れになっても嫌なので20日になってすぐにLINE経由のスマートフォンで購入手続きを進めたのですが、(dカードではない)クレジットカードで購入しようとしたとき、3Dセキュアのパスワードを正しく入力して送信してもまた3Dセキュアの画面に戻されてしまうという現象が発生しました。
使用したクレジットカードの3Dセキュアはパスワードを間違えると警告メッセージが表示され、5回間違えると決済画面からやり直しになる仕様です。
しかし、今回は正しく入力されているので一度次のページに飛ぶような様子を見せてから何故か3Dセキュア画面に戻ってきました(警告なし)。
ここで再度入力して2回決済されてしまっても困るので購入完了メールが来ていないことと、使ったはずのポイントが減っていないことをパソコンで確認しました。
もしかしたらパスワードを間違えたのかもしれないので、2回目は一文字一文字念入りに確認しながら入力して送信すると、また3Dセキュアの画面に戻ってきました。
今までdショッピングも含めて3Dセキュアで失敗したことがなかったので、合っているはずだと思って同じ内容で3回目の入力をしたら今度は購入直前の画面に戻ってしまいました。

dショッピング エラー画面 お持ちのクレジットカード情報をご確認ください。

ただし、上の画像のように「お持ちのクレジットカード情報をご確認ください。」というメッセージが追加されています。
確認するも何も問題点が見つからなかったのでもう一度購入確定ボタンを押してみると、今度は3Dセキュアの画面に移ることもなく、また上の画像と同じ画面に戻ってきました。
何度試しても同じなので別のクレジットカードを指定してみたり、カートを空にしてから注文してみましたが、やはり同じように3Dセキュアの画面に行くこともなく戻ってきてしまいます。
念のために登録されていない別のクレジットカードで試してみようと思い、3枚しか登録できない枠を開けるために使っていないカード情報を削除しようとしたら下の図のようにエラーが出て削除も修正も出来ませんでした。

dショッピング エラー画面 お持ちのクレジットカード情報をご確認ください。 (M111081)

これは端末の問題ではなく、パソコンで上記のことを行なっても同じ挙動で、完全にクレジットカード利用がロックされた状態です(登録済みカード全て同じ)。
念のためにd払いアプリでも同じことをしましたが、全く同じエラーが出ました。
諦めきれずにdアカウントのサイトでも同じことをしようとしたら、そちらは3枚分のカードが登録されていることが見られるだけで、削除や修正をするようなボタンはありませんでした。

一応クレジットカード側でロックされている可能性があるので会員サイトにログインしてみましたが、全く何のメッセージもありません。
そもそも認証パスワードが違うとは表示されませんでしたし、5回までは試せるので失敗はしていないはずです。
同じような事例がないかとネット検索もしましたが見つかりませんでした。
それどころか公式サイトのエラーコード一覧にM111081が載っておらず、完全になすすべなしです。

dショッピングは他にポイント支払いかドコモ払い(ケータイまとめて払い)しか使えないため、ドコモと契約していない筆者はいったん諦めるしかありません。
すでに二時間以上経ってしまったこともあり、対処法も見当たらなかったのでdショッピングの問い合わせフォームから事の内容を送って返事を待つことにしました。

サポートと対処法を模索する

10時半ごろにサポートから送られてきた返答を要約すると「その現象はクレジットカードの3Dセキュア設定の問題か、お客様の申出によりクレジット決済の利用を停止している際に表示される場合がありますので、クレジットカード会社とドコモ インフォメーションセンターに問い合わせてください」という内容でした。
要するにdショッピングが停止処理をしているわけではないということらしいです。
カードの持ち主から不正利用を止めるための処置として利用される機能かもしれません。

念のためにもう一度試してみようとdショッピングを開いたところ、別の家電量販店”K”もJ店と同じ金額に下げていました。店側は売る気満々のようですが、やはりJ店でもK店でも決済で失敗します。

気を取り直してドコモ インフォメーションセンターに電話してみました。
「大変混み合っています」というガイダンスが流れましたが、さすがドコモだけあって程なくしてオペレーターにつながりました。
実際のやり取りは長時間だったので要約します。こちらから告げたのは次の内容です。

  1. dショッピングデーで買い物しようとしたときにクレジットカードの3Dセキュア認証が終了せずに決済直前の画面に戻されたこと。
  2. 再度決済しようとしても3Dセキュアの画面に行かずに戻り、「お手持ちのクレジットカード情報をご確認ください。」というメッセージが出て決済できないこと。
  3. 登録してある全クレジットカードの登録情報の修正や削除をしようとしても「お手持ちのクレジットカード情報をご確認ください。(M111081)」というエラーが出ること。
  4. d払いアプリでクレジットカードの修正や削除をしようとしても同じであること。
  5. dアカウントサイトのクレジットカード登録情報の画面に行っても登録してある3枚のクレジットカードが確認できるだけで修正するようなボタンがないこと。

【注意:やりとりの内容はかなり大雑把に記載しています】

受付担当のAさん

電話を受けてくれたAさんはごく普通の女性オペレーターという感じで、よくありそうな質問以外は把握しておらず、こちらが答える度に保留にして聞きに行くという感じでかなりの時間を要しました。
やりとりのイメージとしては、詳しい人が奥にいてAさんを介してその人と会話しているような感じです。
まずは会員IDを確認してアカウントの状態を見てみるものだと思っていたので、この対応はじれったく感じました。話が通じている気がしません。

ひたすら保留を繰り返したのちにAさんが「操作担当と一緒に操作をすれば解決するかもしれないので代わります。内容は伝えますので」と言ってスマートフォンの機種を聞いてきました。
こちらが「スマートフォンというより、パソコンでやっても全く同じなので…」と言うとまた保留をはさみ、「こちらでは対応しきれないので操作担当とのやりとりをお願いします」と言ってスマートフォンとパソコンのOSを聞かれて終わりました。

操作担当のBさん

代わった操作担当のBさんは「お電話代わりました。内容は伝わっています」と落ち着いた口調の女性で、連日嫌と言うほど説明してきているであろう手慣れた感じのある印象です。
こちらとしては操作がわからないのではなく、アカウントに何かしらのロックがかかっていると予想しているのでベテランでも意味がなさそうと思いながらも言われるがままに操作するしかありません。
しかし、話が伝わっている割にはAさんと同じことを聞かれ、答える度にやはり保留を繰り返しました。

いよいよ実際に操作してみる段階になりました。マイDoCoMoというサイトでアカウントの登録修正が出来るとのことで、こちらはドコモの携帯電話を契約をしていない人でも使えるそうです。
さっそく、指示通りに操作をします。「ドコモオンライン手続き」の「クレジットカード番号の変更(dマーケット等サービスの支払方法変更はこちら)」という目立たないリンクをクリックするとどうなるかと聞かれたのでクリックしました。

「・現在のご契約内容では、お手続きすることができません。お問い合わせ先までお問い合わせください。なお、その際に画面に表示されているエラーコードをお伝えください。(42493)」

現在のご契約内容では、お手続きすることができません。お問い合わせ先までお問い合わせください。なお、その際に画面に表示されているエラーコードをお伝えください。(42493)

まさに今かけているところにダイヤルしろというメッセージです。
上の画面が出たことを伝えると、「あー、これもうわかんないや」という感じがBさんの声から伝わってきました(個人の感想)。
Bさん曰く「M111081のエラーは続けて一定回数支払い情報を変更したり、3Dセキュアを間違えると出てきます」だそうで、パスワードは合っていても何らかの理由で本人確認を3回失敗したということのようです。
しかし、このエラーは登録情報を変更しようとしたときに出るエラーなので、dショッピングでの購入には影響しないのだそうです。
つまり、本人確認はクレジットカード会社が判定するので、本来ならばカード会社のシステムが拒否するまでは決済を試みるという仕様なのかもしれません。
それが何故かカード情報変更がロックされたと同時に決済がうまくいかなくなっているとのことです。
たしかに決済のときはエラーではなくクレジットカードの登録内容がおかしいという反応をしています。
しかし、クレジットカードをすべてロックしているのだから購入できないのは当然なので、はっきりと現状を表示してほしいところではあります。

自分的にはもしかしたら一度目の本人確認でパスワードを間違えてしまい、不正利用に敏感になっているシステムが一発で無効判定しまったのかと思いましたが、関係のない他のカードも全く同じ反応なのでクレジットカード決済自体をロックしているのは間違いありません。
しかし、コールセンターの人の解釈ではそれはありえないらしいのです。
そもそもロックされているのであればそれを解除する手順がマニュアル化されていそうなものですが、まったく会員IDを聞こうとしません。とにかく前代未聞の事態のようです。

Bさん、終いには「別の担当と代われば解決するかもしれないので代わります。内容は伝えますので」と言って保留にしてしまいました。
たしかに、前代未聞で対処マニュアルもなければ埒が明かないでしょう。

何かの担当のCさん

続いて現れた謎の担当Cさんはすごく低姿勢な男性で、ベテラン感はまったくありませんでしたがシステムに詳しい人かもしれないので頼ってみることにしました。
やはり伝わっているという割には同じことを聞かれ、この人も保留を繰り返しました。
さすがにおかしいと思ったので「会員IDとか聞かなくていいんですか?」と聞くと、「ま、まだその段階には来ていないですねぇ。とにかく少々お待ちください」と申し訳なさそうに答えました。
保留にする割には何かの情報を持ってくるでもなく、不毛なやりとりが続きます。
こちら的には結局駄目だったら家族にアカウントを作らせて家族のクレジットカードで買えばいいと思っていたのでしつこくは問い詰めませんでしたが、どうもこのCさんは「何もわからない人」という印象を受けます(個人の感想)。
Bさんから聞いた内容を復唱するように「M111081のエラーは一定回数支払い情報を変更したり、本人確認を間違えると一定時間出ますので…」と言葉を濁すCさん。保留にしては何も得ずに戻ってきます。
そのうちにしびれを切らしたのか、「一度電話を切って、調べてかけなおしてもよろしいでしょうか? 10分くらいで折り返します」と言ってきたのでそうすることにしました。

数分後、電話がかかってきたので出ましたが、とくに何も得ておらず、同じような質問をしたのちに「申し訳ありません、もう一度かけなおしてもよろしいでしょうか?」と言ってきました。
そして、電話を切ったところで筆者は悟りました。「この人、敗戦処理担当だ」と。
コールセンターでどうにもわからない問題が起きたときに、とにかく低姿勢とかけなおしを繰り返して相手が諦めるのを待つ役といったところでしょうか(完全に推測)。本当ならなかなかつらい仕事です。

数分後にまた電話がかかってきたので出ましたが、やはり何も変わらずでした。
なぜ3Dセキュアの画面まで行かないのか、なぜ関係ないカードまで使えないのかはシステムが行なったことなので人間には全く把握できないようで、一定時間が過ぎたら解除されるので翌日以降に試してみるしかないと言われました。
それだとdショッピングデーに買えないことを告げると、お得意の「ひたすら低姿勢」でかわされます(当方は全くもって穏やか)。
これ以上話していても無駄ですし、家族にアカウントを作らせて買えばいいのでここで終わりにしました。
それにしても、コールセンターの苦情担当というのは真っ先にAIに任せたい仕事でしょう。

新しいアカウントを作って購入する作戦(失敗)

気を取り直して、家族にアカウントを作らせることにしました。
ちょうど、999ポイントが当たるキャンペーンがあったり、LINEショッピングのポチポチフライデーがあったりと、絶好の機会なので逃すわけにはいきません。

住所やクレジットカード情報を登録し、いざ決済!
緊張の3Dセキュア本人確認画面が出ました。
1回目は本人さん、素で間違えました(間違えたメッセージあり)。
2回目は慎重に入力し、間違いないことを確信して送信しました。1回目と違って他のサイトに移管している様子があるので成功のはずです。
が、決済前の画面に戻ってきてしまいました。パスワードは絶対に間違いありません。
考えられるのは1回失敗するともう駄目だということです。
しかし、今回は自分のときとは少し違いました。再度決済しようとすると3Dセキュアの画面には行くのです。自分のときはすぐに元の決済前画面に戻ってしまっていました。
そこでもう一度チャレンジします。パスワードが間違っていると認証画面のままその旨が表示されるのですが、合っているのでページが飛びます。
しかし、元の決済前画面に戻ってきてしまいました(カード情報を確認するようにメッセージ)。
「1回間違えただけで次が正しくても無効?」と小首をかしげながら再挑戦すると、とうとう本人確認画面に飛ばなくなりました。
やはり、3Dセキュア画面からパスワードが合っていようが間違っていようが3回飛ぶと二度と行かなくなるパターンです。
念のためにカード会社のサービスサイトにログインしましたが、筆者のときと同じく何のメッセージもありません。
ネット回線に問題があることも想定してモバイル回線で行なっても全て同じでした。
これで2つのアカウント共に購入できない状態になったというわけです。

日付が変わる時間が迫ってきたのでその日、つまりdショッピングデーでの購入は諦めました。
もちろん、翌日にロックが解除されたとしても買うことはありません。ポイント還元1%と20%は違いすぎますし、還元キャンペーン中の楽天市場にて同じ価格で売ってるからです。

dショッピングデーはポイント20倍がウリですが、正確には20%還元というわけではありません。
正しくは、ポイント利用額を引いた税別価格100円ごとにつく通常ポイント1%に対して、その19倍の19%が期間・用途限定ポイントとして後日付与されます。
税込10,000円支払の場合は90+1,710ポイント
また、ポイント利用分にはその額の20%が還元されるのでこちらの方が還元率が少しだけ高くなります。
10,000ポイント利用の場合は2,000ポイント
ただし、期間中の両方の還元を合わせて5,000ポイントという上限があります。

そもそも毎月エントリーのみで20%還元は太っ腹すぎるような気がします。
ペイ戦争中だった3年くらい前は他のキャンペーンを組み合わせて45%くらい還元されたことがあったとはいえ、最近では買い回りもなしで毎月やるような還元率ではありません。
それだけに、商品によってはあまり購入してほしくないものがあるのかもしれません。過去には毎月20日になる前に値上がりしたり、急に在庫がなくなったりする商品がありました(ゲーム機本体やコンタクトレンズなど)。
今回は家電ですが、dショッピングデー前から最安値と同額でしたし、直前で値上げどころか値下げをしたことからすると、店側は売りたいけどドコモ側が怪しんでいるといったところでしょうか。
とまぁ、それは完全な憶測ですが、もしかしたら前述の通り、セキュリティーがザルだったドコモ口座と共に少しでも不審に感じた動きには厳しく対応するようにしたのかもしれません。

そのあと日付が変わり、dショッピングで最初にエラーが出てから25時間くらい経過したころにクレジットカード情報の削除をしてみたらすんなり削除できました。
クレジットカードを事実上、ロックしていたのだから購入できないのは当然です。ただ、それであればメッセージを出すなり、せめてサポートの人にはそういうこともあると教えておいてほしいと思いました。
今回はおそらくシステムが「少し怪しい」と判断して24時間だけロックしたのでしょう。

結局購入した場所

次の候補であるセール中の楽天市場ですが、楽天経済圏にいない筆者は買い回りをしないと6.5%しか還元されず、20%近い還元を逃した直後では購入に踏み切れませんでした。

途方に暮れながらメールの整理をしていると、楽天リーベイツのメールに「au PAYマーケット 7.0%ポイントバック」という文字を見つけました。
楽天リーベイツとはLINEショッピングのようなサービスで、会員はそこを経由してネットショッピングをするだけで楽天ポイントがもらえるサービスです。
一時期、パソコンショップで20%バックがあったり、アップルショップで4%バックがあったりと、かなり太っ腹なサイトです。
7%であればそれだけで楽天市場を超えてくれるので一応見てみることにしました。

初めて訪れたau PAYマーケットで商品を検索すると、dショッピングと同じJ店にて同額で扱っていました。
ポイント還元は3%でしたが、よく見ると「最大4,500円OFFクーポン配布中」というバナーがあります。
クレジットカード発行に申し込めば4,500円引いてくれるのかと思いながらクリックしてみると、J店限定で1回に30,000円以上購入すると4,500円引いてくれるという内容でした。買おうとしていたものが3万円ちょっとだったので渡りに船です。
dショッピングデーの還元は5,000ポイントが上限なのでそれプラス通常ポイントとLINEポイント。au PAYマーケットは4,500円引き+Pontaポイント+元の値段の7%の楽天ポイントなので完全にau PAYマーケットの方がお得でした(店は同じJ店)。
もちろん、当たり前のように3Dセキュア認証を一発通過し、クレジットカード会社がロックしたわけではないことが証明されました。【後日談あり】

【2020年11月20日~30日限定情報】
今回の4,500円引きクーポンは1,000人まで利用可能と書いてあったのですが、使えるようになってから丸一日たっているにも関わらず、970枚くらい残っていました。
また、他に「10,000円以上で1,500円引き」と「5,000円以上で1,000円引き」というクーポンもあるので使い勝手が良いです。
※これらのクーポンを利用する際にはau PAYアカウントに携帯電話番号を登録し、自動音声による本人確認が済んでいる必要があります。

そして楽天リーベイツ(Rebates)は頻繁に高還元キャンペーンを行なっているので登録しておいて損はないです。
楽天のアカウントを持っていれば簡単に新規登録画面から登録できます。

会員登録してから30日以内にRebates経由で合計3,000円以上(税抜、送料別、ポイント・クーポン利用分別)買うと最大500ポイント付与されます。

思わぬ報告

後日談になります。実はクレジットカードの会員サイトを見ているとき、別件での表示がなくなっていたために問い合わせフォームから問い合わせを送っていました。
その回答が4日後に届き、それによると、(問い合わせをした)21日はカードを停止していたということです。
そのことにより、dショッピングでの決済の時点、またはそれがきっかけでカードが停止していた可能性が浮上してきました。
しかし、dショッピングで使う数日前にもいつものスーパーで使っていましたし、問い合わせを送った30分後には初めて使うau PAYマーケットで家電を購入する際に使っています。
何度か使っているdショッピングでも認証パスワードは正しく入力していますし、停止させられた理由は全く思いつきませんでした。
それでも停止させられたのには何かしらの理由があるはずで、逆にいえばセキュリティーがしっかりしているとも取れます。ドコモもセキュリティーを強めるためにロックをしたのでしょう。
ただ、問題は3枚まで登録できるクレジットカードの1枚に一時的な停止があったからと全てのクレジットカードの修正すらロックしてしまったことと、それを解除できる人がいないことです。
もしかしたら管理者が問題ないと判断することで24時間後に自動で解除されるのかもしれませんが、月に1日しか開催されないdショッピングデーでは致命的な処置になります。
そして、家族カードの方は原因不明のままですし、いまいち腑に落ちない結果となってしまいました。

今までの買い方と違う点といえば、LINEショッピングを経由するためにスマートフォンのChromeブラウザから注文したことが挙げられます。
ブラウザとそのバージョンによって特定のサイトで思わぬ挙動をすることがあり、それが原因でクレジットカード会社が一時的に停止させたのかもしれません。
不審点が些細なことだったために比較的短時間で解除され、au PAYマーケットでは使えたのでしょう。

まとめ

タイトルに「解決法なし」と書いてあるからと本当に解決法を書くことが出来なくて申し訳ありません。
どうしても購入したいのであればドコモのケータイとまとめ払いをするか全額ポイントで支払う、または家族のアカウントで試すしかありません。

今回陥った現象をGoogleやTwitterで検索しても見つからなかったので、もしかしたら筆者の環境だけに起こる問題なのかもしれませんし、最近のシステム変更で起きるようになったのかもしれません。
もしも同じ現象に見舞われて検索でこの記事に辿り着いた人がいましたら、24時間後に自動で解除されるまではドコモのサポートには何もできませんし、ドコモIDすら聞こうとしてくれないことを知っておいてください。

すぐに出来る対処法としてはせめて時間を無駄にせず、他のオンラインモールやポイントサイトでキャンペーンをやっていないか探してみることでしょう。
ほとんど読まれることがないであろうこの記事が誰かの役に立てば幸いです。

Rebatesお友達紹介キャンペーン

au PAY マーケット


2020年のスマホ決済全般については

コメント