正式サービス直前|楽天モバイルの楽天LINKを再検証|発信者番号通知

スポンサーリンク

楽天モバイルは2020年4月8日のMNO正式サービス開始に先立ち、通話&メッセンジャーアプリである楽天LINKをバージョンアップしました。
このアプリはベータ版のため、シチュエーションによっては発信者番号が通知されなかったり、本サービスで通話料が無料になるのか疑わしい部分がありました。
この辺りを中心に、この記事では楽天モバイルがキャリア(MNO)に参入した意義を大きく左右するであろう、このアプリの最新版の挙動を検証します。

【追記:20年7月8日 iOS版 楽天LINKがリリースされました】

【「最後に」にRakuten miniの端末代が1円になるキャンペーンを追記】
【「最後に」にGalaxy A7の端末代が実質3,700円になる情報を追記】
【「最後に」に楽天ひかりの基本料が1年無料になる情報を追記】

通話機能について

楽天LINKはスーパーコミュニケーションツールという位置づけらしく、通話機能とメッセージ機能がうまく連携して着信に出られなかった理由をSMSで送る機能があったりします。しかし、メインは何といっても無料で使える通話機能でしょう。

発表内容とアプリ仕様の矛盾

楽天モバイルは3月3日の発表会にて楽天LINKを用いた通話のみが使い放題だと述べました。

当時、この「楽天LINKを用いた通話のみ」という部分に違和感を感じた人もいたかと思われます。というのも、楽天LINKアプリから発信しても通常の通話アプリ(VoLTE)から発信されてしまうことがあるからです。
楽天LINKから発信の操作をすれば通常のVoLTE通話でも無料になるのかもとも考えましたが、それでは回線通話もほぼ無料になってしまい、全利用者が完全通話し放題になってしまいます。
一説によれば、通常の通話アプリに切り替わるのはバグという噂もありましたが、さすがにそんなバグが発生するとは思えませんので、とりあえず間に合わせでそういう仕様にしたのだと思われます。
ようするに、正式サービス開始までの間に合わせだったと推測しました。

キャリアがIP電話を推奨してしまう時代

正式サービス開始の一週間前、楽天LINKのアップデートにより、この辺りの挙動が大きく変わりました。楽天LINKアプリから通常の通話アプリに切り替わらなくなったのです。
これで「無料通話だと思って楽天LINKからかけたら有料だった」ということはなくなります。
しかし、1つの通話アプリで全ての通話をこなすということが出来なくなりました。

SIM契約の事業者を問わず、多くの人は電話番号を用いる通話アプリを1つに限定して使っていると思われます。
MVNOユーザーは通話料を安く済ませるためにプレフィックスという、電話番号の頭に数字を追加するアプリを使っているかもしれませんが、基本的にそのアプリだけで電話番号での通話はまかなえます(緊急通報を含む)。
中にはもっと節約するために050のIP電話アプリを併用している人もいるかもしれません。
新しい楽天LINKの仕様はこのIP電話アプリに近いイメージになりました。
今までは電波の状況でVoLTEとIP電話を自動判断していましたが、最新版ではIP電話としてしか発信しません。通話部分は100%IP電話アプリになったとも言えます。

具体的にどのように変わったのかと言いますと、以前の仕様では、通話発信したときに圏内であればVoLTE発信、圏外でWi-Fiに接続しているときはIP電話発信でした。
今回の仕様では、上記のどちらの場合でもIP電話発信になります。ただ、前者の場合は発信者番号が通知され、後者では通知不可の状態になります。
ちょっと驚いたことに、圏内ではIP電話でも回線の電話番号が通知されるようになったのです。この「IP電話で回線用電話番号を通知する」という仕組にてこずったために以前の仕様で急場をしのいでいたのではないかと思われます。
このある意味で画期的な方法は4Gと呼ばれていなかったころにLTEで通話可能にしたVoLTEのような発想で、楽天的には全ユーザーが海外からも含めて通話無料にするための根本のアイデアだったのだと思います。

キャリアにとってIP電話やLINEの無料通話は通話料や定額料で儲けるにあたっての邪魔な存在です。そこに空気が読めないフリをした楽天が「IP電話使わせればタダで済ませられるじゃん」とすっとぼけた顔でメスを入れてきたのです。
ただ、現状では安定性や音質に問題があり、大事な場面でも使うメインの電話としては不安が残る状態であると言わざるを得ません。特に音質はLINEの無料通話とは比較にならないほど悪いです。
この辺りが1年以内にどれほど改善するかでユーザー数が大きく変わることでしょう(もちろん基地局数も)。
逆に改善が期待できない点もあって、IP電話に顕著な遅延という問題があります。極端に例えると、テレビ番組内のスタジオと中継先との会話でうまく噛み合わないのが遅延の影響です(そこまでは遅延しない)。
相手もIP電話だった場合の遅延は快適な通話を大きく阻害するものと思われ、これを少しでも解消するために音質が悪くなっているのかもしれません。

グレ子
グレ子

ワレワレハ…ウチュウジンダ…

ソウイチロウ
ソウイチロウ

もしも~し。確かに声がこもって聞こえるな

既知の問題を再検証

では前回までの問題点がどうなったかを確認していきます。

・データ通信がオフだと発信できない
 仕様変更なしで、モバイル通信とWi-Fiによる通信のどちらも出来ないときは発信できません。

・楽天の電波を掴んでいるときは有料通話になる可能性がある
 通常の通話アプリによるVoLTEには切り替わらなくなったので有料にはなりません。

・楽天の電波を掴んでいないとき、発信者番号が通知されない
 仕様変更なしで、楽天のモバイル通信が出来るときだけ番号が通知されます。

今回の仕様変更で一番変わった部分は、「楽天圏内でもIP電話での発着信になったが、番号は通常通り通知される」ことです。
一般的にIP電話と使うとIP電話用の電話番号が表示されてしまいますが、新しい楽天LINKでは回線用の電話番号が通知されます。IP電話でありながらプレフィックスのように番号が変わらずに通知されるわけです。

グレ子
グレ子

でもテクノ坊がかけたら不審者番号通知になっちゃうよぉ

ソウイチロウ
ソウイチロウ

そっか、じゃあ非通知でかけるわ! ってブッ飛ばす

現状の確認

続いて、楽天圏内において、機内モードとWi-Fiのオン・オフによってどのような挙動になるかを発信と着信で羅列しておきます。機内モードのオン・オフは楽天の圏外・圏内を疑似的に再現しています。
※Rakuten miniで検証しています。
※UN-LIMITプランでの使用を想定しています。

機内モード OFF / Wi-Fi ON(自宅内を想定)
発信:IP電話で発信し、番号は通知されます。
着信:IP電話で着信し、番号は通知されます。

機内モード OFF / Wi-Fi OFF(外出先を想定)
発信:IP電話で発信し、番号は通知されます。
着信:IP電話で着信し、番号は通知されます。

機内モード ON / Wi-Fi ON(自宅奥などで圏外になる場合を想定)
発信:IP電話で発信し、番号は通知されません。
着信:IP電話で着信し、番号は通知されます。

機内モード ON / Wi-Fi OFF(地下や大きな建物内部を想定)
発信:発信不可です。
着信:着信不可です。 接続時にメッセージアプリとLINKに着信の通知が来ます。

モバイル OFF / Wi-Fi OFF(回線通話のみ状態)
発信:発信不可ですが、通常の通話アプリでは発信でき、番号は通知されます(有料)。
着信:通常の通話アプリに着信し、番号は通知されます。

上の中の一番下(回線通話のみ状態)は、何らかの理由で「楽天の電波を掴んでいるがモバイル通信が出来ない」という状態を疑似的に再現していて、この場合は通常の通話アプリでのみ通話が出来ます。
通常の通話アプリで発信をするので通話が有料になるのはすぐにわかると思いますが、わかりにくいのは不在着信があったときで、このときの通知にあるコールバックからかけなおすと有料通話になってしまいます。ですので、かけるときは楽天LINKアプリを使う癖をつけましょう。

結局、発信者番号が通知されないのは「楽天のモバイル通信が出来ないがWi-Fiがつながっている状態で発信したとき」のみでした。これなら発信前に「今から非通知でかけます」とSMSを送ることで対処できそうです(SMSについては後述)。
この発信時に通知されない仕様は、「Wi-Fiのみだと発信者番号が正しいものなのか保証できないから」だと推測されます。番号偽装とまではいかなくても、ログインしたままSIMを抜いてしまった端末から発信されるなどの事態も想定しているのかもしれません。

着信時は着信さえされれば発信者番号が通知されます(相手が通知してるなら)。これは大きな進歩で、回線の電話番号でIP電話が出来るのは、相手にIP電話の番号を教える必要がなく、ある意味、夢だった仕組です。
この通知が海外にいるときでも表示されれば、かなりお得なサービスになるのではないでしょうか。
ただ、auローミング中がどうなのかは試すことが出来ないので、情報が見つかり次第、追記します。

上の中で「着信不可」と「通常の通話アプリに着信」のときですが、かけた側は10秒くらい無音の時間があります。気の短い人は切ってしまうでしょう。
これは恐らく楽天LINKアプリを優先していて、オンラインが確認できないことがわかってから通常の通話アプリに着信を試みるためだと推測されます。

楽天LINKは通話機能を含んでいるにも関わらず、通常の通話アプリと比べるとアプリの更新が何度も行なわれます。
急ぎで電話をかけようとしたときに「アプリの更新をしてください」と出て、すぐには使えない事態が発生することも考慮しておいてください。
更新を終えてダイアルしてもつながらず、SMSによる再認証を求められます。再認証はすぐに終わりますが、SMSを受信できない環境であった場合は使えなくなりますので注意してください。
使えるようになってダイアルしても、呼び出し音が通常の電話のそれとは違うので、本当に呼び出しているか不安になることがあります。

楽天LINKが使えないタイミングや、通話品質に不安がある場合に通常の通話アプリから有料通話をするという選択肢もありますが、圏内でも電波が弱い所もありますので留意してください。
買い物に行く前に店に在庫の確認を行なったときの事例ですが、在庫を調べてもらって「大変申し訳ありません、ただいま在庫を切らしております」と丁寧に回答された直後に通話が切れてしまい、失礼な客になってしまったことがあります。小さな店でしたらかけなおせばよい話ではありますが。

最後に

楽天LINKでは、圏外であってもWi-Fiに繋がっていればSMSが使えます。これは楽天LINKにおけるSMSがメッセンジャーの一部になっている為だと思われますが、相手が通常のSMSであろうと無料で送信できる点は他キャリアが採用している+メッセージより優れていると言えるでしょう。

楽天モバイルは3大キャリアが今まで「やろうと思えば出来たがやらなかった無料化」の部分を見事に突いてきていると思います。
スマートフォンの普及によって本やCD、カーナビなどが売れなくなり、打撃を受けた業種も多いと思います。それと同じようなことを楽天モバイルは行ない、既存キャリアがタブーとしてきた部分にくさびを打ち込みました。
4Gになって価格競争を自粛してきた巨大キャリアたちはこの程度では揺るがないでしょうが、5Gで値上げも視野に入れているような業界が少しでも健全化されればよいと願ってやみません。

ソウイチロウ
ソウイチロウ

でもデータ通信無制限にしちゃうと固定回線代わりに使っちゃう人が増えて遅くなっちゃうんじゃないの?

アフロ先生
アフロ先生

公式情報じゃないが、1日に10GBを超すと日付が変わるまで1Mbpsに速度ダウンするらしい。公式で言わないってことは今後の状況で数値は変化するだろうな。

【追記】1日に10GBを超えた際の制限速度が数Mbpsに上がったというツイートが散見されます。


楽天モバイル 楽天市場店

今ならオンライン契約で3,000ポイント、事務手数料相当3,300ポイント、対象スマホ購入で最大14,500ポイント(4月30日まで)の計20,800ポイント還元中で、300万契約までを目安に1年間のプラン利用料が無料です(1人1回線まで)。【追記】5月1日より「最大15,000ポイントの計21,300ポイント」になりました(終了日未定)。
スマートフォンの購入は楽天モバイルと楽天モバイル楽天市場店での購入が対象です(スーパーDEALは対象外)。同じアカウントであればUN-LIMITの契約と同時でなくても還元されるようです。

【追記】7月10日より、3,000と3,300ポイントの獲得にはRakuten Linkによる電話発信10秒以上通話とメッセージ送信の各1回以上することが条件に加わりました。

メインの回線をMNPするのが不安でも、対応スマートフォンのSIMスロットに空きがあれば追加で契約してもデメリットはほとんどありません。無料サポーターをしてあげるくらいの気持ちで申し込むのもありでしょう。

申し込み時に入力して紹介を受けると2,000ポイントもらえるコードはこちら
Sj6vGUtL7Een
※現状ではメイン回線としての利用は推奨できません。
※1円販売を利用しての加入では使えません。


またバラマキが始まりました。今度は既存・新規両方の「楽天モバイル」ユーザーが固定回線の「楽天ひかり」を申し込むと、先着で固定回線の方まで月額基本料が1年間無料になるようです。
しかも無線LANルーターまでもらえます。
ただし、3年ごとの更新タイミング以外に解約すると契約解除料9,500円がかかりますので、最低3年は使うつもりで申し込んだ方が良いでしょう。
固定回線は携帯電話の回線のように簡単に解約したりサブとして持てるようなものではないので、念入りに回線品質の調査を行ったうえで納得してから契約してください。
詳しくはキャンペーンページを確認願います。

楽天モバイル

【終了】
6月17日の8時59分まで、Rakuten miniの端末代が1円になるキャンペーンが行なわれています。
UN-LIMITの回線申込と同時であることが条件です。
【追記:「在庫がなくなり次第、終了」となりましたので、おそらく17日までは続かないと思われます】
【追記:現在販売中のRakuten miniのほとんどの個体はLTE、WCDMA共にBand1に対応していない模様です。LTEのBand1は楽天モバイルで使う分には無くても問題ありませんが、IIJmioなどのドコモ系のeSIMを使用する際に若干電波が入りにくくなるかもしれません。筆者の行動範囲(都市部)ではドコモの電波は主にBand1を掴んでいて、Band1が入らない場所でのみBand19に切り替わります。ただ、Band1が使えなくてもBand19が使えればエリア内の多くの場所で使用することは出来ると思います】
申し込み時に必ずeSIM(イーシム)を選択するようにしてください。Rakuten miniは通常のSIMカードは使えません(eSIMであればIIJmioのeSIMを使うことは可)。
iPhone等のeSIM機能でUN-LIMTを使うつもりの場合でもRakuten miniを同時に申し込むことで入手可能ですが、ポイントをもらうためにRakuten miniで楽天LINKの設定をしてから他の端末に移すにはeSIM再発行手数料3,300円が必要です。

【終了】
↑ 当ブログでは回線・端末共にサブ機として使うことを推奨します。
1回線目1年間無料、各ポイント還元、紹介コード入力があるので損はないと思います。とくにモバイルルーター代わりとしては有用です。【追記:「紹介コードの入力が出来ても1円販売では無効になる」となりました】


「Rakuten miniじゃ画面が小さすぎる」「SIMカードが使えないのは不便」という人はGalaxy A7がポイント還元でお得になっています。
(税別)38,000円→31,500円→17,000円と一気に値下がりしたにも関わらず、前述の15,000ポイント還元があるので実質税込3,700円になります(販売価格に対して消費税がかかる)。他のポイント還元キャンペーンや紹介コードも併用できます。
UN-LIMT契約と同時でなくても対象となりますが、端末は楽天モバイルか楽天モバイル楽天市場店での購入が条件です(端末に対する還元は1回線1回まで)。

スペックは値段からすると高いですが、おサイフケータイと防水防塵には対応していません。
ちなみに、指紋センサーは側面の電源ボタンについています。
詳細はリンク先を確認してください。リンク先は事務手数料と消費税込みの価格になっています。

Rakuten miniとGalaxy A7のキャンペーンは1回線では無理なので2回線必要です。2回線目以降は1年間無料にはなりませんが、家族が契約する分には問題ないでしょう。

【終了】
回線申込時に「製品+プランセット」を選んでスマートフォンを購入すると最大15,000ポイント還元されますが、5月16日 9:59までなら回線契約なしでも上のGalaxy A7 楽天モバイル対応 simフリースマートフォンが楽天スーパーDEALで17,325ポイント還元されます(さらにSPUで最大+15%還元)。
回線契約ありで買うよりもポイントが多くもらえるとか、なかなか意味不明なお得さです。もちろん、別途回線だけ契約して条件を満たせば6,300ポイントももらえます。


この記事の編集後記は

楽天ショップやRakuten miniについては

コメント