スマートウォッチのおすすめは単純じゃない! 本物の見分け方

Apple Watchの出現以来、腕にスマートウォッチを着けている人をよく見かけるようになりました。

それは何かと便利そうであり、自分でも買ってみようと思ってアマゾンを見てみると2千円くらいの物もあれば4万円を超えるような物もあります。
本体の形も普通の腕時計のような円形の物やApple Watchのような四角形、はたまたバンドと同じ太さの細長い物まであって見た目以外の違いがわかりません。
いったいどれほどの予算を用意してどのモデルを買えばよいのでしょうか。悩みどころです。

大事なことを先に書いておきますが、俗にいうスマートウォッチは大きく3つのタイプに分類することが出来、まずそれを理解しないといくらオススメ記事を読んでも売り文句に乗せられるだけです。
この記事ではその根本的な部分から知ってもらい、その中で気に入ったタイプをさらにシリーズ別に深堀していただけたらと考えています。

もちろん、高ければ良いという単純なことではありません。スマートウォッチは腕時計である以上、装飾品でもあるため、選ぶにはそれなりのコツが必要です。
最後まで読んでいただければきっと自分がいくらまで出してよいかが見えてくると思います。

前提として、この記事はAndroidスマートフォンと接続して使用することを想定して書いています。
iPhoneでも多くの製品が接続できますが、使える機能が限定されてしまう場合があることを考慮しておいてください。
また、Apple Watchは紹介していません。
※一部の画像にAmazonへのリンクが設置してあります。価格と在庫は変動します。

どれもがスマートウォッチという訳ではない

一般的にスマートウォッチと呼ばれている物は大きく3タイプに分けられると冒頭で書きました。それらを一つ一つ解説していきます。
こちらを読んでいただければスマートウォッチと呼ぶべきではないタイプがあることを理解していただけると思います。

フィットネストラッカー(活動量計)

ジョギングなどの運動をしているときや、睡眠中の体の変化を簡易的に計測することを主たる目的としたウォッチです。
主に心拍数や体の動きを検知しますが、簡易的と書かなければならないのは医療機器ではないからです。

稀に血圧測定が出来ると謳っている製品もありますが、医療機器として製造・認可されたものではないので参考にすらしない方が良いでしょう。出された結果もセンサーによるデータから推測した数値にすぎません。
どうしても外出先で血圧を測定したいというのであれば、実際に空気袋がついたオムロンのHeartGuideというウォッチが出ているのでそれを購入してください(税別 約8万円)。

ウォッチというより測定用途重視

この手の測定機能はほとんどのウォッチに搭載されていますが、その中でもとくに精度の高い製品や運動中の着用を主眼に置いた製品がフィットネストラッカーに分類されます。
例えば、腕時計というよりもスマートブレスレットと呼ばれるリストバンドのような細長いタイプのほとんどがこのフィットネストラッカー(活動量計)タイプです。

中でも画面の大きさや機能を絞った製品は主に3千円台前後で売られているので運動時の時計代わりに使うにはお手ごろだと思います。

その一方、ガーミンやFITBITといった計測機器に実績のあるメーカーの製品は値段が桁違いに高くなります。その分、数値の信頼度が大きく上がりますので、何よりも運動時のデータ集めをメインにするのであれば最有力候補になるでしょう。


FITBIT CHARGE 3

スマートなウォッチなのか

ただ、これらがスマートウォッチと呼べるかというと個人的にはノーと言わざるを得ません。理由は呼び方にスマートとつけるには活動量の計測以外の機能が乏しすぎるからです。
また、デザイン的にも普段着にマッチしない製品が多く、使用するシーンを限定してしまうことも腕時計としてはいかがなものかと思ってしまいます。

ただ、極端に安く買えたり、製品によっては計測データの信頼性が高かったりするので、それらが譲れない条件でしたらフィットネストラッカーとして買う価値があるでしょう。

ソウイチロウ
ソウイチロウ

ガラケーがスマホよりもメールの打ちやすさや気づきやすさにおいて上回っているように、フィットネストラッカーは計測能力をはじめ、つけやすさや汗対策においてスマートウォッチを上回ってるイメージ

Bluetoothウォッチ

あまり聞き馴染みのない呼び方と思われるかもしれませんが、Bluetoothウォッチとは「見た目がいわゆるスマートウォッチのようであったり普通の腕時計風であったりするがそれほど多機能ではないウォッチ」だと思ってください。

物理フェイスと映像フェイス

ここで上げる普通の腕時計風タイプのウォッチには本物の盤面と針がついていて、一見すると普通の腕時計です。そこに充電機能、スマートフォン接続機能、簡易通知機能がついていてハイブリッドと呼ばれたりもします(中にはボタン電池式もあり)。
一度充電すれば長い期間使えるのが利点ですが、通知は着信とSMS、それ以外の何かが来ている程度しかわかりません。
ただ、物理的なウォッチフェイスを持っているということは腕時計としての質感を重視しているということなので、値段の割にはエレガントな製品が多く見られます。


Withings Steel HR(36mm)

一方、スマートウォッチに似たタイプは盤面の半分から大部分を液晶か有機EL(OLED)が占めていて、見た目にはスマートウォッチそのものです。
どのあたりが違うのかというと、例えば盤面のデザインを好みで変更できなかったり、出来たとしてもあらかじめ用意されている数種類の中からしか選べなかったりします。
通知もメッセージの初めの部分が表示されるだけで返信等は出来ません。

つまり、スマートフォンに対してBluetoothでつながるサブ画面(または通知ランプ)になる簡易的なスマートウォッチです。
出来ることはフィットネストラッカーとだいたい同じですが、より普通の腕時計に近づけた見た目をしているので、さりげなく着用しておけることが最大の強みです。

また、一番多様な製品が世に出ているタイプであり、中には体温で発電することで充電を不要にしている下のような製品もあります。


MATRIX POWER WATCH

スピーカーの有無の重要性

ここで一旦、話が逸れます。これはBluetoothウォッチに限ったことではありませんが、この手の製品にはスピーカーがついているものとついていないものがあり、一概についている方が良いとは言えないことを伝えておきたいのです。

スピーカーが付いていない製品は振動と画面で「通知に徹しさせる使い方」が出来ますが、スピーカーが付いている製品ではそうもいきません。
スピーカーが付いているとスマートフォンからはヘッドセットとして認識されてしまう製品が多く、外出中にスマートフォンをマナーモードにしていてもウォッチから着信音が鳴ってしまったり、通話に応答するとウォッチを口元に寄せて話す格好になってしまいます。
しかも相手の声がウォッチから出るので周りに丸聞こえです(応答時と応答後にスマートフォンの操作で通常の通話に切り替えることは可能)。

いっそのことBluetooth設定で通話できないように設定できますが、その場合は着信時に全くの無反応になってしまうので着信を逃しがちになってしまいます。

さらにゲームや音楽プレイヤーの音もウォッチから鳴ります。しかも中華製品はウォッチに限らず大きなアナウンス音がなる製品が多いので、外出中に何かの拍子で音を響かせたくない人はスピーカー無しを選んだ方が無難です。

また、スピーカー無しモデルがヘッドセットとして認識されないということは別途Bluetoothイヤホンを同時接続できるということであり、他にもクルマ用などのハンズフリー機器やカーナビとの自動接続に支障をきたすことがありません。

革新性と模倣品

Bluetoothウォッチは個性が出しやすいことや中華製品が多いことからもわかる通り、スタートアップ企業が独創的なアイデアで製品化してくるジャンルでもあります。
それにより一概には語れない部分が多くあり、製品の良しあしが千差万別だったりもします。

とくに盤面全体がディスプレイになっているタイプはOEMで比較的簡単に開発できるので、その手の中華製品はソフトウェア的にも無難な設計になっています(中身がほぼ同じということも)。
それゆえ、見た目がスマートウォッチでも機能は簡素だったり、ユーザーが機能追加できなかったりするので個人的にはこちらもスマートウォッチとは呼びたくない代物です。

一方のスタートアップ製品は革新的な機能を盛り込んでいたりします。
それはそれで魅力的なのですが、一点突破型の尖った製品が多いのでこちらもスマートウォッチと呼ぶにはいささか違和感があります。

中華製品の画像問題

ところで、ネットショップなどでこの手の中華ウォッチを見ていると値段の割に恰好の良い製品が多いと思ったことがないでしょうか。

あれはレンダリング画像という、いわゆるCGなので、実際の製品とは質感が大きくかけ離れていることがほとんどです。
レンダリング画像自体は大手のメーカーでも採用していますが、小さな中華メーカーの中には製品をスタイリッシュに見せる改変を躊躇せず行なう企業もあります。
特にディスプレイ部分の差異が顕著で、画像では丸い盤面なのに実際にはその中の正方形の部分しか画面がなかったり、画像では丸い枠いっぱいの盤面なのに実際には太い黒枠があって腕時計として不自然な見た目になっていたりします。
ひどいものになると現物の盤面の大部分がプリントで表現されていて、時間や通知が表示されるのは中央の部分だけという製品も過去に見かけました。

例えば上の製品。一見すると画面が占める面積が広くて格好良いですが、現物はカスタマーレビューの画像の通り、周囲のメモリと数字の辺りは黒地に白のプリントです。よって、黒バックのフェイスしか合わないでしょう。

そのようなわけで、中華ウォッチに関してはとにかく製品画像では決めず、必ずアマゾンなどのカスタマーレビューにある現物の写真を参考にしてください。

中華Bluetoothウォッチの難点

そんな中華のBluetoothウォッチですが、安いなりの難点もあるはずで、製品によっては各測定値の誤差が大きかったり、防水性が低かったり、充電端子が汗で劣化しやすかったりするかもしれません。

経験上では、気がつくとスマートフォンとの接続が切れていたなんてことが度々ありました。
あと、得体のしれない野良アプリをインストールしないと使えないというのも少し不安になります。

ところで、「壊れやすくかろうが何だろうがとりあえずスマートウォッチを試してみたい」と考えてはいませんでしょうか。そういった目的に中華Bluetoothウォッチをお勧めすることは出来ません。単純にお金の無駄になるでしょう。
高いスマートウォッチと中華Bluetoothウォッチは根本的に違います。あえて中華を選ぶのであれば多機能は切り捨てて、腕時計+通知に徹した使い方をしましょう。
中華を使ってみても高いスマートウォッチを買うべきか否かの判断材料にはならないのです。

結局のところ

スマートウォッチとは呼びたくないと言い切ってしまったBluetoothウォッチですが、どうしても1万円を超えてまで試してみたくないというのであれば中華ウォッチという選択肢も無しとは言い切れません。
特に、ダイバーズウォッチ風の樹脂製で大柄なモデルであれば、精密な内部と高級感のある外観を必要としないので中華に向いています。
ただ、現物を見る術がほとんどないので、レビュー写真を見て質感、画面表示、腕にはめたときの大きさ(特に厚み)をイメージし、それに納得がいくかどうかを判断してください。

あえて薦めるなら
安価な製品から選びたいというのでしたら、あえていえばアマゾンで販売している下のGPSランニングウォッチの現物写真がまともな方です。
周囲の数字の部分はやはりプリントですが、レンダリング画像でも反射表現で分かるようにしているので良心的といえます。
その黒枠自体も細めな上にデザインで自然に誤魔化せてますし、盤面のデザインも良い方だと思います。
ただ、GPSと2つのBluetooth用に大きなバッテリーを採用しているためか、本体がけっこう大きいのでレビュー写真で確認してください。よほど手首が太い人以外は決して下の画像の状態で手首に着用するとは思わないでください。
あと、ディスプレイが有機ELではなくIPS液晶で、画素数が240×240なので、決してクッキリとした高精細ではありませんのでそこは値段を鑑みて割り切りましょう。

グレ子
グレ子

わかりやすく例えるとジムです

スマートウォッチ

冒頭で「スマートウォッチは3つのタイプに分けることが出来る」と書きました。軽量・防水・計測に特化したフィットネストラッカー(スマートブレスレット)。低価格または先進性に特化したBluetoothウォッチ。そして、それらの突出した部分を適度に取り込み、スマートの冠にふさわしい多機能を搭載したウォッチが本当の意味でのスマートウォッチです。

その多くの機能の中で、どの機能を搭載している物がスマートウォッチと呼べるのかを考えてみた結果、「盤面の大部分がディスプレイになっていて、好みのウォッチフェイスをダウンロードできる」と「ダウンロードやアップデートで機能を拡張できる」が最大の特長ではないかという結論にいたりました。

つまり、スマートフォンのような拡張性を持ったウォッチということになりますが、この条件を満たす製品もどうしても3つのタイプに分けなければならないほど個性に富んでいます。

やはりひとくくりには出来ない

・複数のメーカーが発売していた「Wear OS by Google ウォッチ」

Androidスマートフォンが数多くのメーカーから発売されているように、このWear OS by Googleのスマートウォッチも複数のメーカーから発売されていました。
ただ、最近では極わずかなメーカーしか開発しておらず、ほとんどの製品がFOSSILという時計メーカーが開発し、様々なブランドへ提供しているのが現状です。
さらに、OSを開発したGoogle自体がこの事業に積極的ではなく、それもあって長年に渡ってApple Watchのシェア独占を許してしまっています。
しかも、ハードウェア的にも根本的な進化が見られず、今では多くのメーカーが去ってしまって下火の状態が続いています。

・各メーカーオリジナルのOSを内蔵する「独自OSのウォッチ」

Wear OS by Googleから手を引いたメーカーの一部は独自のOSとハードウェアを開発することで低迷していたスマートウォッチ界隈にささやかな盛り上がりを見せてくれています。
独自という意味ではスタートアップ企業のBluetoothウォッチに似ていますが、そちらのように今までにない機能を盛り込むのではなく、センサーの活用やデザイン性を突き詰める方向に力を入れているのが特長です。それにより、フィットネストラッカーに負けない計測性能を持つ製品がほとんどです。

・スマートフォンと同じOSを載せた「Android OS ウォッチ」

これはそのまま「スマートフォンで採用されているAndroid OSを腕時計サイズの筐体に搭載したウォッチ」です。
ゆえにAndroidアプリの一部が稼働します(ディスプレイの小ささに起因する操作不能などの問題もあり)。
このスマートウォッチは先ほど紹介した中華Bluetoothウォッチの前身のような存在で、すでに存在しているOSを腕に載せてしまえば手っ取り早く製品化できるというストレートな発想から誕生しています。
ただ、スマートフォン用OSであるがゆえにメモリを多く使用したり、小型化の限界などからBluetoothウォッチやフィットネストラッカーに取って代わられました。

本当の意味でのスマートウォッチ

大手メーカーが開発し、フィットネストラッカーやBluetoothウォッチとは明らかに一線を画すスマートウォッチ。これもまた3つに分かれていました。

これらのスマートウォッチはもっとも安いモデルの特売時でも1万3千円はします。また、装飾品でもあるためにハイブランドの製品となると47万円以上する製品まであったりします。
ただ、中身に値段ほどの差はなく、スマートウォッチの便利さや拡張性を楽しむ分には見た目と値段で決めてしまっても決して無謀な選択にはならないでしょう。
やはり外出時に身につけるものですし、「アクティブに使いたいのか」「フォーマルに使いたいのか」でも見た目は重要です。

では具体的にどのような製品があるのか、となります。それを説明するとかなりのボリュームになりますので、詳しくは別のページにて紹介させていただきます。

ただ、冒頭に解決できる旨を書いてしまっていますので、タイプ別に比較的一般受けしそうな製品の画像と参考価格をいくつか紹介させていただきます。

Wear OS by Google
FOSSIL
THE CARLYLE HR
Amazon.co.jp
40,707円 (2020/2/19 時点)

WearOSの代表選手

独自OS(Lite OS)
HUAWEI
Watch GT 2(46mm)
Amazon.co.jp
24,800円 (2020/2/19 時点)

特別に安く発売された戦略的モデル

Android 7.1
LEMFO
LEMX
Amazon.co.jp
29,800円 (2020/2/19 時点)

腕にスマホを載せたいマニア向け

選ぶ際の注意点

ここまで、俗にいうスマートウォッチを3つに分けて説明してきました。
新興メーカーでも開発しやすいフィットネストラッカーやBluetoothウォッチ。そして、スマートフォンほどではないにせよ、多くの機能と拡張性を兼ね備えた本当の意味でのスマートウォッチ。
これらを購入するにあたり、共通して気に留めておかねばならないことを紹介します。

まず一つ目はバイブレーターの強さと長さです。
これが弱いと重要視したい「スマートフォンが鞄等に入っていても通知に気づくこと」がおろそかになってしまいます。
ただ、これについてはスペック表を見ても判断できず、ユーザーレビューやBBSの書き込みを参考にするしかありません。
Wear OS by Google搭載機についてはバイブレーションの長さやパターンを設定できるアプリが存在しますので、そういったところでもスマートウォッチと呼ぶにふさわしいタイプであると言えます。

二つ目は人にもよりますが直射日光を受けていても画面が見えるかです。
昔より改善されてきているとはいえ、有機ELは強い光を受けると見えにくくなります。たまにレビューに「液晶はOLEDなので明るいところでもよく見えます」みたいな書き方をしている人がいますが、OLEDは有機ELのことなので液晶とは全くの別物で、比較的直射日光に弱い方式です。
気になる製品がありましたら、アマゾンの商品ページ下部にある「すべての〇〇レビューを表示」を押すとレビューの検索が出来るので、「太陽」や「日光」で検索してみてください。
ちなみにただのOLEDよりもAMOLEDの方が画像が滲みにくく、残像が残りにくいという利点があります。

その他の注意点は、手首をひねって時計を見る動作をしたときに素早く反応するかと、自動で画面の明るさを調整してくれるかが大事ですが、どちらも製品ごとに調べるのは骨が折れる項目です。やはりレビューを漁るしかないでしょう。
決して「2020年版 オススメ スマートウォッチ」みたいな記事だけでは決めないでください。

自動で画面の明るさを調整するには光を感知するセンサーが必要です。これは環境光センサーと呼ばれ、英語のサイトにはAmbient light sensorやRGB sensorと表記されています。

また、シリコン製のバンドは柔らかすぎることと摩擦が多いことで腕にはめにくかったり、付いたホコリが取れにくかったり、摩擦を受け続けた部分だけ艶が出てテカテカしてしまったりします。
永く愛用するつもりでしたら、バンドが市販品に交換できる製品をお薦めします。
ウレタン製であればシリコン製のような問題はありませんが、経年劣化で千切れてしまうことがあるので、やはり交換できるのは気分転換できるという意味も含めて有効でしょう。

ソウイチロウ
ソウイチロウ

Bluetoothのバージョンも高い方がいいかも。接続するスマホにもよるけど、途切れやすいと通知を逃す確率が増えるので

まとめ

ここまで登場した主なタイプを羅列してみます。

・中華フィットネストラッカー
・高性能フィットネストラッカー(ガーミンなど)
・中華Bluetoothウォッチ
・スタートアップ企業のBluetoothウォッチ
・Wear OS by Googleのスマートウォッチ
・独自OSのスマートウォッチ
・Androidのスマートウォッチ

紹介した分だけでもこれだけあるとなると、漠然と「スマートウォッチってどれがいいんだろう?」と検索する前に決めなければならないことがあることをわかっていただけたのではないでしょうか。
そのようなわけで一応となりますが、ある程度自分の用途が絞られている人向けに簡単なお薦めをさせていただきます(画像を押すとショップへ)。

フィットネストラッカーのお薦めは

主に運動時や睡眠時のモニターと基本的な通知を受けられて安く済ませたいのでしたらHUAWEIとXiaomiのスマートブレスレットをお薦めします。

フィットネストラッカー
HUAWEI Band 4
Amazon.co.jp
4,950円 (2020/2/19 時点)

フィットネストラッカー
Xiaomi Mi Smart Band 4
Amazon.co.jp
3,839円 (2020/2/19 時点)

なぜこの2つを推奨するのかというと、まず前提として無名の中華ウォッチと値段がほとんど変わらないことです。Xiaomi(Huami)とHUAWEIはスマートウォッチでも実績があり、フィットネストラッカーにおいても何度もモデルチェンジを繰り返してきました。
値段以外でとくに重要な部分は、取得データを活用するためにスマートフォンにインストールするアプリの出来が断然良いところです。
どのウォッチもそうですが、手首に着いた状態で人間の動きを想像して運動の激しさや睡眠の深さを判断します。それには実に大量のデータ分析のノウハウが必要で、それに関しては世界シェアが大きいメーカーの方が断然有利になります。
これらの製品のアプリはユーザーの生活状況を分析し続け、的確で有意義な提案をしてくれるでしょう。

HUAWEI Band 4を細めの手首に装着した様子
HUAWEI Band 4を細めの手首に装着した様子(商品画像から受ける印象より小さめ)

この手のブレスレット型はバンドの構造上、着脱がしにくい製品がありますが、全体的に丸みを帯びているので着けっぱなしでも違和感は少なめです。
充電も一般的なUSBタイプAの穴に挿し込むだけですので、あらゆる意味で手軽に利用できます。

Bluetoothウォッチのお薦めは

ブレスレット型以外で数千円で買えるBluetoothウォッチは本体やバンドはともかく、一番目につく画面周りが概ね安っぽいです。
普段使いをする腕時計であるということを考慮するとあまりお薦めは出来ません。
液晶全盛時代に2つ買いましたが、外出時に使うこともあって、どうしてももっと良い物が欲しくなりました。

中華ウォッチの安っぽい質感(左)とエッジが剥げやすいメッキ(右)

このタイプは普通の腕時計の形をしていながら腕時計に化け切れていませんので、価格にふさわしくない高級感を狙うよりもブレスレット型にするかダイバーズウォッチ風に傾倒した方が良いでしょう。
決してレンダリング画像は鵜呑みにしないでください。

ただ、Bluetoothウォッチでも値段の高い物は良い選択となり得ます。とくに最近では下のようなディスプレイの上に針を搭載したハイブリッド型が充実してきて、腕時計らしさと情報表示を両立させたい人のニーズに応える製品として人気があります。

当サイトの本当のお薦めは

ここまで、具体的な製品画像を少ないながら紹介してきました。
しかし、当サイトではスマートウォッチの醍醐味はアナログ時計にもデジタル時計にもその日の気分で変えられるくらいの自由度にあると考えています。ゆえにスマートウォッチの項でも書きましたが、本当の意味でのスマートウォッチを解説した別ページを読んでいただければと思います。
これらは多機能なだけでなく、搭載OSごとに魅力が大きく違うのでどうしてもこのページだけでは伝えたいことが収まり切れませんでした。
もし、フィットネスからビジネスまでマルチパーパスに使えるスマートウォッチがご入用なら是非リンク先を参考にしてみてください。